どうもオサーンです。前々から書いている気がしますが、私にとって天下一品のラーメンは最強です。この前、健康診断の後で羽目を外して天下一品でこってりラーメンとチャーハンを食べたんですが、いやーラーメン★10、チャーハン★9.5って感じでホント大満足でした。食べ過ぎでしばらく調子悪かったですけど。まぁこういう味覚の奴がこのブログを書いているということでw、そんな感じでこのブログを見てやってもらえればと思います。

今回のカップ麺は、エースコックの「タテロング EDGE 鬼シビ 辛みそラーメン」。今回のEDGEシリーズは、シリーズ初のシビレですね。パッケージのラムちゃんとタッグを組んで、我々をどうシビレさせるのか注目です。





スープは、「ポークベースの味噌スープに、激辛スパイスと激辛調味油で仕上げる、見た目にも味にもインパクトのあるやみつきになる一杯」とのこと。これは強烈なシビレです。おそらく花椒かと思われますが、今までのシビレ系商品の中でもダントツでしょうねこれは。辛さも強く、EDGEの名の通り物凄いことになっています。ここは素直に評価すべきところ。反面、スパイスの強さに比してベースのスープのほうがちょっと弱く、スパイスが前に出すぎている印象を受けました。このバランスの悪さはある程度スパイスを食べてしまうことで解決しますが、この商品はスパイスを完全に混ぜ切ってから食べる方がいいでしょうね。よく味わうと魚粉系の味が感じられ、一応いろいろやろうとしているのですが、とにかくシビレでよくわかりません。

は、「適度な弾力と滑らかさを併せ持った角刃の太めんで」、「適度な味付けを施し、食べ応えのあるめんに仕上げ」たとのこと。エースコックのタテ型ではよく見る太い油揚げ麺です。結構主張の強い麺のはずですが、今回の強烈スパイスのスープの前では非力です。もうちょっと麺の主張があったほうが良いんじゃないかと思えるくらいです。ただこんなスープに張り合える麺なんておそらくないのでしょうがないことですね。

は、「シャキシャキとした食感のキャベツ、色調の良いねぎ、唐辛子」とのこと。甘いキャベツが激辛スープの中で一服の清涼剤になっている・・・といいたいところですが、シビれが強すぎてキャベツの味がよくわからないw でもこの商品のコンセプト的にこれは勲章ですね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
EDGEシリーズ今までいろいろ出てきましたが、今回のシビレは最強クラス間違いないと思います。ホント凄いです。よくここまでやるなぁと感心してしまいます。反面、シビレが強すぎて他の味がついてこれないところが欠点ですかね。みその味も魚介の味も完全にシビレに圧されてしまっています。ただ、この商品のやりたかったことはしっかりやりきったんじゃないかなぁと感じられる思いきった商品で好感持てました。

品名:タテロング EDGE 鬼シビ 辛みそラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2016年2月22日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(後入れ激辛調味油・後入れ激辛スパイス)
定価:税別210円
取得価格:税込225円(サンクス)
製品URL:https://www.acecook.co.jp/products/detail.php?id=415

標準栄養成分表
1食90g(めん70g)あたり
エネルギー:396kcal
たん白質:10.4g
脂質:15.1g
炭水化物:54.7g
ナトリウム:1.9g(めん・かやく0.6g スープ1.3g)
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:189mg

エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加