どうもオサーンです。両親が3泊4日で東京に旅行に行くというので札幌-東京の航空券とホテルの手配をしたのですが、35,000円位で用意できてしまいました。3泊4日ですよ?旅慣れしていない自分にとってちょっと驚きの価格でした。しかも成田発着のLCCを使わずにです。こんなの目のあたりにすると自分もどっか行きたくなってしまいましたよ。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛焼うどん 担担花椒仕立て」。恒例のどん兵衛焼うどんシリーズの新作です。いつも無難においしいこのシリーズですが、今回は果たしてどうでしょうか。





ソースは、「芝麻醤のゴマのうまみが特徴の濃厚な担担ソース」で、「ピリッとくる花椒の辛みを利かせ」たとのこと。いやいやいやいや日清さんちょっと待ってくださいよっ!ピリッとくる♪なんて生易しいものじゃないでしょーこれ。花椒の強烈なシビレの効いたソースです。どれくらい強烈かというと、子供さんは愚か、あまりシビレ系が得意ではないハンサム氏も泣き出すレベルですよこれ。いや実際ハンサム氏に訊いてないから知りませんけどね。シビレ系が苦手じゃない私からしたら、これはかなりうれしいサプライズでした。強烈なシビレに、きちんと感じられる芝麻醤のゴマの存在感。これは最近の流行りの担々麺の流れを汲んでますね。どん兵衛だから誰でも楽しめる味だろ~なんて思って食べるとびっくりしてしまいます。さすが日清さん、何作っても本格志向ですね。このあたり、良い意味で東洋水産の志向とは真逆で面白いです。私はかなり満足に食べられましたが、お子さんに食べさせる時とか注意が必要です。

は、「もっちりとしたつるみのある太麺うどん」とのこと。普通のどん兵衛うどんと同じような食感の油揚げ麺ですが、ちょっと一回り太いかもしれません。平打ちですが弾力のある麺で、濃い担々ソースとも互角に存在を主張しています。非常に相性いいと思います。他社のカップ焼うどんに比べてもこの麺はアドバンテージですね。

は、「ダイスミンチ、チンゲンサイ」とのこと。量はソコソコですかね。かなりのシビレのソースなので、ダイスミンチにしろチンゲンサイにしろ、口に入れた時にちょっとホッとしてしまいます。まさか肉を食べてソースの癒やしを求める日が来るとは。ちょっと自分で書いていて意味わかりませんがw

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★☆☆☆☆(6)
いつもと変わらぬパッケージを見ながら、今回の強烈シビレを表しているものが左下の龍くらいしか思い浮かびませんでした。クレームが入っちゃってないか心配するレベルの本格シビレ担々焼うどんでした。シビレだけではなくしっかり練りゴマを感じられるソースで、さすが日清食品の担々でしたね。ちょっと出色のデキです。

品名:日清のどん兵衛焼うどん 担担花椒仕立て
メーカー:日清食品
発売日:2016年2月8日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(液体ソース)
定価:税別180円
取得価格:税込184円(ローソン)
製品URL:https://www.nissin.com/jp/products/items/7259

標準栄養成分表
1食113g(めん90g)あたり
エネルギー:506kcal
たん白質:8.9g
脂質:22.7g
炭水化物:66.7g
ナトリウム:1.5g
ビタミンB1:0.35mg
ビタミンB2:0.41mg
カルシウム:197mg

日清食品HP:https://www.nissin.com/jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加