どうもオサーンです。私はアニメとかゲームとかで、話の内容もさることながら、結構音楽にハマってしまうんですが、モンハンのBGMかっこいいですよね!4と4Gをやった中ではクシャルダオラ、オオナズチ、テオ・テスカトルの曲がかっこいいと思ってましたが、今回のMHXではベルナ村と闘技場の曲がいいですねぇ。特にMHX闘技場のBGM、「凛然なる勇姿」は私の中で、クシャルダオラのBGM「嵐に舞う黒い影」と並びました。まぁ、実際闘技場クエストやっているとイライラしてBGMどころじゃないんですけどねw

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん やきそば弁当 エクスプレス」。3月の北海道新幹線を前に、それをイメージした商品と思われますが、どこにもそのことは書かれていません。





ソースは、「3種類のソースを使用し、イカの粉末を配合した調理感のある濃い目のソース」とのこと。粘着性のあるドロドロとした甘いソースです。ノーマルやき弁よりもやき弁濃厚甘口の味に近い感じでしょうか。酸味はなく、個人的に私オサーン好みの味ですね。イカの粉末を配合と書かれていますが、それを意識することはないと思います。もうちょっとイカが強いほうが個性が出て良かったかなと思います。イカについてはむしろ、戻し湯を出す時の具から出たイカの香りが一番強くて、ちょっともったいないようなw

は、「1分で戻る、ソフトでなめらかな食感の細麺」とのこと。極細に近い油揚げ麺で、これは当然ノーマルやき弁よりも細く、同社の塩系焼そばよりも細くやわらかいです。湯戻し後は結構盛大な油揚げ麺臭がしますが、濃厚な甘いソースの影響と細い麺ということでソース乗りがよく、油揚げ麺臭は目立ちませんでした。コシが強くないところはやき弁シリーズの歴史を踏襲していますね。

は、「キャベツ、イカ、あおさと紅生姜のふりかけ」、「戻し湯で作る中華スープ付き」とのこと。ノーマルやき弁ではミンチ肉だったのがこちらではイカが用いられています。新駅の新函館をイメージした具なんでしょうね。本格的なイカらしさを感じる具ではないですが、ノーマルやき弁のミンチ肉は存在感が強いので、その点ではそれがないということでだいぶ違うものに感じられます。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
ノーマルやき弁を調理時間を早くしただけの商品ではなく、甘いソース、細い麺、具のイカという違いがありました。私はノーマルやき弁があまり好きではないので、こちらの方が好みの味でした。イカの風味をもっと感じられればなお良かったんですけどね。それにしても、もっと正式なタイアップはできなかったものなんですかね。パッケージの色を見るに明らかに北海道新幹線をイメージしていますが、どこにもそれは書かれていません。すでに同業で契約している他社があって無理だったのか、それとも単にタイアップ料をケチっただけなのかはわかりませんが、北海道で一番有名なカップ麺が北海道新幹線の名を語れないのはちょっと寂しいように感じました。そういえば、この前発売された日清食品の麺ニッポン2種に北海道新幹線のロゴが書かれていましたね。タイアップするならやき弁の方が相応しいだろうと思うんですけどねぇ。

品名:マルちゃん やきそば弁当 エクスプレス
メーカー:東洋水産
発売日:2016年2月1日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・かやく・ふりかけ+中華スープ)
定価:税別180円
取得価格:税込162円(ローソン)
製品URL:http://www.maruchan.co.jp/products/search/3162.html

標準栄養成分表
1食117g(めん90g)あたり
エネルギー:527kcal
たん白質:9.0g
脂質:26.9g
炭水化物:62.1g
ナトリウム:2.2g+中華スープ0.9g
ビタミンB1:0.40mg
ビタミンB2:0.38mg
カルシウム:234mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加