どうもオサーンです。プレミア12ドミニカ戦とサッカーシンガポール戦が同じ時間とかホント勘弁して欲しいですね。どっち見ていいかわかんなくて行ったり来たりしているうちにどっちも中途半端。それにしても野球は中田翔選手頼みですねぇ。一応優勝候補と目されているので各チームエース級を日本線にぶつけてくる影響もあるのかもしれませんが、他国に比べてあんまり打ててないですよね。前から思っていましたが、他国のリーグと日本の野球ではちょっと野球の質に違いがあるのかもしれないですね。もっと何も考えずにぶんぶん振り回してた方がこういう大会では打つのに関してはいいのかもしれないですね。それでチームが強くなるのかはわかりませんが。

今回のカップ麺は、エースコックの「ご当地くいだおれ 麺大盛り こってり和歌山中華そば」。「ご当地くいだおれ」という新しいシリーズのようですね。ご当地ラーメン+大盛商品というのがコンセプトのようです。全国津々浦々のラーメンを大森で食べられる面白そうなシリーズですね。





スープは、「複数種のポークエキスを使用した濃厚なスープに、醤油のコクや酸味が利いた和歌山中華そばらしい豚骨醤油ラーメンスープ」とのこと。しょうゆ感の強いスープで、和歌山ラーメンとしては豚骨感はちょっと弱いように感じられます。下支えのとんこつとしては申し分なく、高価格帯商品に恥じないスープに仕上がっていると思います。和歌山ラーメンのカップ麺といえば日清の行列のできる店のラーメンですが、あれに比べるとしょうゆ感が強くとんこつ感がちょっと弱いかなといった印象です。

は、「プリッとした歯切れの良さともっちりとした食感を併せ持つ生めんのような品質のめんをボリューム満点に仕上げ」たとのこと。最近のエースコックお得意の多加水麺ノンフライ麺です。この麺自体はもちもちしていてとてもおいしい麺なのですが、和歌山ラーメンの麺としてはどうなんだろう?和歌山ラーメンの麺といえば、低加水麺のいめーじなんですがどうなんですかね。実際、ちょっとスープとの一体感がないように感じられ、これは低加水麺の方がスープとマッチしたんじゃないですかね。ちょっと違和感を感じる麺でした。

は、「良く味付けした焼豚と適度な食感を持つメンマ、色調の良い2種類のネギとなるとを加えて和歌山中華そばらしさを演出し」たとのこと。麺職人や麺づくりに入っているようなチャーシューに毛が生えた程度のチャーシューですね。高価格帯商品としては物足りないです。先ほど挙げた行列和歌山はあの日清の大判乾燥チャーシューが入っているわけで、相手が悪すぎます。花型のなるとは小さいですが和歌山ラーメンの特徴なので、これは良かったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
それなりにおいしい商品ですが、税別260円という高価格帯商品であることを加味すれば、多少物足りなさも感じる商品でした。スープは及第点、麺はおいしいけど和歌山ラーメンで多加水麺というのがマイナス、具は高価格帯としては貧弱でしたね。ただお大盛り商品で食べ応えがあるのでこの評価にしました。

品名:ご当地くいだおれ 麺大盛り こってり和歌山中華そば
メーカー:エースコック
発売日:2015年11月9日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく)
定価:税別260円
取得価格:税込278円(ローソン)
製品URL:http://www.acecook.co.jp/products/detail.php?id=374

標準栄養成分表
1食124g(めん90g)あたり
エネルギー:430kcal
たん白質:11.3g
脂質:9.2g
炭水化物:75.6g
ナトリウム:3.5g(めん・かやく1.1g スープ2.4g)
カルシウム:261mg

エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加