どうもオサーンです。このブログではハンサム氏がごはん(ライス)好きとして認識されていると思いますが、実は私オサーンはハンサム氏に勝る超ごはん好きでして、ラーメンのスープとか、いやラーメン自体がごはんのために存在していると思っています。なのでラーメン店に行くとラーメンは並盛りで必ずごはんを注文し、麺を食べた後にスープでごはんをかっこむのが本番であり至福の時であります。そうなると当然、過剰な炭水化物の摂取にとどまらず、スープもほぼ飲み干す形になってしまう、健康的にはもう継続的にラーメン食べるのは自殺行為以外の何物でもないわけです。というわけで、以前はよくラーメン食べに行ってたんですが、ここしばらくはせいぜい2ヶ月に1回行くくらいのペースになっています。ただでさえこんなブログやってますからね、人一倍健康には気をつけないといけない思っています。あ、ジョギングも始めました。エライオレ。

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛(マジモリ) 塩担々麺」。ハンサム氏が休養中につき、本気盛シリーズも私オサーンが食べます。いつも本気盛を食べていたハンサム氏的には今回のこの商品はおいしい予感がするそうなので、楽しみに食べたいと思います。







スープは、「チキンと野菜をベースに、香辛料でアクセントを付けた、辛味と旨味のある塩担々スープ」で、「ラー油とごま油が香る、特製油付き」とのこと。辛さはピリ辛程度、担々麺では一般的な練りゴマは効いておらず、味強めのしお味のスープがベースです。それにラー油とゴマ油の入った油が入ることで、特にゴマ油が前に出た味の構成になっています。この油が表面に残っているうちは香ばしくておいしいです。油を入れる前にきちんとかき混ぜておき、油投入後は混ぜないのが推奨です。本気盛らしい押しの強さを感じるスープでした。

は、「丸刃で切った、なめらかで太めの麺」とのこと。これはいつもの本気盛の太い油揚げ麺です。この麺はかなり盛大な油揚げ麺臭がして、スープが強くなければ厳しい麺なのですが、今回のスープとはしっかりマッチしていました。やっぱりこの麺はこってり味のスープに限りますな。

は、「豚挽肉ブロック、ねぎ」とのこと。スープもなかなかおいしかったのですが、このカップ麺の一番の特徴は具の豚挽肉ブロックだと感じました。フリーズドライの豚挽肉なんですが、これがまた圧倒的な肉感で、量も多くおいしかったです。具だけで売ってもらいたいとすら思いました。他にそう思うのは日清の大判乾燥チャーシューくらいなので、これはメガトン級を通り越してニミッツ級のおししさでした。塩担々麺というより肉担々麺の様相を呈していました。他の製品にもバンバンこの挽肉使ってもらいたいですね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★☆☆☆☆(6)
フリーズドライの豚挽肉がホントおいしくて、これだけで買って良かったと思える一杯でした。スープのゴマ油の風味もよく、とてもおいしい一杯でした。いやホントこの肉別売りで売って欲しいです。なかなか本気盛シリーズは私オサーン的には相性の悪いシリーズかと思ってたんですが、こんなおいしいと思った本気盛は初めてかもしれません。

品名:マルちゃん 本気盛(マジモリ) 塩担々麺
メーカー:東洋水産
発売日:2015年10月25日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製油)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)
製品URL:http://www.maruchan.co.jp/products/search/3088.html

標準栄養成分表
1食103g(めん80g)あたり
エネルギー:469kcal
たん白質:11.5g
脂質:20.1g
炭水化物:60.4g
ナトリウム:2.5g(めん・かやく1.1g スープ1.4g)
ビタミンB1:4.57mg
ビタミンB2:0.40mg
カルシウム:191mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加