どうもオサーンです。今年のドラフトは結構粒ぞろいな気がしています。1位指名が一極集中するような抜けた存在はいないですが、私は今年のドラフトは数年後には当たり年と言われているような気がします。我がジャイアンツは縁ある東海大相模の小笠原投手の指名が濃厚のようですが、個人的には重複指名確実でも将来的に確実にエースになってくれそうな小笠原投手にいくもよし、もしくは仙台大の熊原投手を指名してもらいたいとも思っています。ハズレ1位だと抽選になっちゃいそうですが、1位なら単独いけるんじゃないですかね。動画で投球を見ていると、球速以上に打者が振り遅れている感じがして、こりゃ速いなーと思わせてくれる投手で魅力的でした。コントロールにバラつきあるしフォームなんかも荒削りな感じですが、そこがまたまだまだ伸びしろがありそうでいいんですよね~。お茶の間総監督的な素人目ですが、将来性はトップクラスだと感じました。

今回のカップ麺は、日清食品の「行列のできる店のラーメン TOKYO 特濃魚介とんこつ」。東京の魚介とんこつといえば中野の「青葉」が思い浮かびますが、この商品はどこのお店をインスパイアしているのでしょうか。しばらく私オサーンは東京を離れているので、東京の魚介とんこつはどこが熱いのかとかよくわかっていませんが、ひとまず青葉だと思って食べてみますかね。





スープは、「魚介のうまみと濃厚なとんこつスープを合わせた、コク深い特濃魚介とんこつ」とのこと。前に出てくるのは魚介。サバが主体と思われる節系の味に、下支えとしてとんこつが横たわっている印象です。青葉としてはちょっと魚介が強いので、別の店を標榜しているような気がしますが果たしてどうなんでしょうか。魚介が強いですがそれ一辺倒というわけではなく、バランスの良さが感じられるスープでした。派手な味ではなく、じわじわきて最終的に唸る味。高価格に見合う完璧なスープだと思います。

は、「濃厚なスープとよく絡む、しなやかでコシのある中細ストレート麺」とのこと。中細というにはちょっと太めな気はしますが、加水のそれほど多くないノンフライ麺。節系のスープには低加水の麺がよくあいますね。強いスープの中でもしっかりと麺の味が感じられ、それでいてスープをよく引き立てています。相性ドンピシャだと思います。ほぐれづらいということもなく食べやすい麺でした。

は、「食べごたえのある大判焼豚、スープと食感にアクセントを加える風味豊かなタマネギ」とのこと。これに加えてネギも入っています。種類こそ少ないですが、チャーシューは日清の高価格帯のいつもの肉感の強い乾燥チャーシューと味の強いタマネギで、どちらも一騎当千ですね。特にタマネギは、特有の辛味がスープの中でワンパンチ加えており、味に変化があって良かったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★☆☆☆☆(6)
税抜き290円で、高価格帯の中でも一際高価な商品ですが、それに見合うどころか、それすら安いと思える味でした。強いけどそれ一辺倒ではない魚介に、しっかりしたベースのとんこつで飲み応えあるスープは、カップ麺としては絶品といえるものだったと思います。カップ麺はラーメンを目指すべきではないという意見をよく耳にするし、一理あると私も思いますが、それでもこういう一杯を食べると、カップ麺もラーメンとして究極を目指して欲しいと思う気持ちは強くなりますね。この商品高いけど私はたぶんリピートします。

品名:行列のできる店のラーメン TOKYO 特濃魚介とんこつ
メーカー:日清食品
発売日:2015年10月12日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・粉末スープ・後入れかやく・焼豚)
定価:税別290円
取得価格:税込288円(ファミリーマート)
製品URL:https://www.nissin.com/jp/products/items/7113

標準栄養成分表
1食121g(めん70g)あたり
エネルギー:439kcal
たん白質:14.1g
脂質:15.0g
炭水化物:62.1g
ナトリウム:2.9g(めん・かやく1.0g スープ1.9g)
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:175mg

日清食品HP:https://www.nissin.com/jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加