どうもオサーンです。今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん正麺 カップ 芳醇こく醤油」。ついに袋麺の王者「正麺」シリーズがカップ麺にも登場しましたね。日清ラ王はカップ麺からスタートし、正麺シリーズの好調を見て袋麺化した経緯がありますが、今回の正麺はその逆パターンですね。まばゆい黄金パッケージが青銅聖闘士に立ちはだかる黄金聖闘士のようで、さしずめ今回のしょうゆは正統派のレオのアイオリアといったところでしょうか。よくわかんない話になってますがw







スープは、「チキン・ポークをベースに、ほのかな煮干しの風味を加え、濃厚なたまり醤油と濃口醤油を合わせたスープ」で、「鶏ガラ・豚ガラを煮込んだ自家製だしを配合してい」るとのこと。かなりあっさりめのしょうゆスープ。あっさりなのは袋麺の正麺を踏襲していますね。袋麺もラ王に比べるとだいぶあっさりめだし、今回のカップの方もラ王に比べるとかなりあっさりしています。特に何かオリジナリティを感じるわけでもなく、スープのクオリティは価格が下の麺づくりあたりと大差ないのかなと思います。

は、「生麺のようななめらかな口当たりと粘りのある食感が特長の、透明感のある麺」とのこと。中細よりちょっと太いノンフライ麺で、さすが正麺だけあって、生麺食感がかなり強いです。このあたり、リニューアルして後退してしまったラ王の麺に比べると生麺に近い食感を持っています。かなり加水の多い麺で、食感として重たいです。麺のデキは素晴らしいと思います。反面、スープとの相性を考えると、ちょっと麺が勝ち気味に感じられました。スープを重視する人にとっては物足りなさを感じる部分だし、麺を重視する人にとってはこれくらいのバランスでも麺がおいしいので問題ないのかなと思います。個人的にはスープ重視派なのでもうちょっとスープの存在感が強いと良かったかなと感じました。

は、「旨みのある豚バラチャーシュー、ねぎ、メンマ、のり」とのこと。カップの金色と麺の充実ぶりが高価格帯っぽい雰囲気出ていますが、やはり200円ちょっとの商品だけあって、具はそれほどボリュームはないです。ただ、ラ王の大判チャーシューに比べると小さいながら、今回の豚バラチャーシューはかなりおいしいです。日清の薄味で肉の旨味を活かすチャーシューとは異なり、こっちのチャーシューは甘しょっぱい濃い味付けと油のジューシーさが特徴的なチャーシューです。日清とサンヨー食品以外のチャーシューでこんなおいしいチャーシュー食べるの初めてかもしれません。東洋水産はレトルトチャーシューを得意としていますが、あれにコストかけるくらいなら今回のチャーシューのほうがずっとおいしいし、これいろんな商品に使ってもらいたいなぁ。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
パッケージの目を引く金色と、麺のクオリティはさすが正麺!の一言。麺の生麺っぽさは多の他の追随をを許さない・・・とまではいきませんが、多加水麺としては他社を一歩リードしている印象を持ちました。反面、定価を抑えたのはスープや具に多少現れていて、特に具は高価格帯の商品に比べるとちょっと貧弱でしたが、ただ、そんなに大きくないながら豚バラチャーシューは濃い味付けと油のジューシー感があってとてもおいしかったです。これは今後も定番品として置かれることになると思いますが、全体的には日清ラ王の方が定価が安いことに加えて豪勢感もあるため、このあたりどう溝を埋めていくのか、今後の正麺シリーズに期待したいところです。

品名:マルちゃん正麺 カップ 芳醇こく醤油
メーカー:東洋水産
発売日:2015年10月5日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく・焼のり)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)
製品URL:http://www.maruchan.co.jp/products/search/3131.html

標準栄養成分表
1食111g(めん65g)あたり
エネルギー:376kcal
たん白質:11.9g
脂質:12.7g
炭水化物:53.5g
ナトリウム:2.5g(めん・かやく0.7g スープ1.8g)
ビタミンB1:0.26mg
ビタミンB2:0.33mg
カルシウム:182mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加