どうもオサーンです。今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛(マジモリ) 辛コクねぎ味噌」。いつもならハンサム氏が担当していた本気盛、しかも「辛コクねぎ味噌」といういかにもハンサム氏が好きそうな味なんですが、ただいまハンサム氏お休み中につき、私オサーンが食べます。本気盛シリーズと私オサーンの相性は最悪なのでちょっと不安です。ハンサム氏、はよ戻ってこいやー(泣)







スープは、「ポークをベースに香辛料を利かせた、コクと辛味のある味噌味のスープ」で、「別添特製辛油付」とのこと。とても太いとんこつベースの、濃厚なみそ味のスープです。この効能なスープにピリ辛の特製油でアクセントが加わっており、よくできたおいしいスープです。とにかく強いスープで、この強いとんこつは札幌ラーメンを思わせるものに仕上がっています。とても本気盛らしいスープだと感じました。

は、「丸刃で切った、なめらかで太めの麺」とのこと。いつもの本気盛の太い油揚げ麺です。以前も書きましたが、調理時にお湯を入れたそばからどんどん水分を吸ってしまい、どれくらいが適正の湯量なのかよくわからなくなってしまう麺です。調理方法として「ゆっくり注ぐ」と書かれていますが、人によって何でお湯を沸かすかは違い、使う道具によって湯量は変わってしまうのがとても残念です。ただ、いつもならこの麺は油揚げ麺として強烈な個性を出しすぎるが故にスープの邪魔をしてしまうのですが、今回はスープがとても強いので、見事にバランスがとれていました。お湯の問題は改善が必要だと思いますが、今回のような強いスープならばバランスの面は解決できます。本気盛はスープによってもっと麺種を変えるといいんだと思うんですけどね。この麺はみそ系ならば素晴らしい威力を発揮すると感じています。

は、「FDねぎブロック」とのこと。具が見事にネギだけです。ネギはフリーズドライで、さすがにこれは東洋水産の売りなだけあってトロトロ感とかかなり本格的で良いんですが、肉がまったくないというのはちょっとさみしい印象でした。スープに厚みがあってコストかけているのはわかりますが、もうちょっと何とかならなかったですかね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
麺の構造上の問題は解決できていませんが、今回はいつもの本気盛ならスープとのバランスを崩してしまう主張の強すぎる麺が、とんこつベースのかなり強いスープということでバランスがとても良かったです。このスープはみそラーメン、特に札幌ラーメンが好きならばぜひ食べてもらいたいですね。とても優秀なスープだと思います。

品名:マルちゃん 本気盛(マジモリ) 辛コクねぎ味噌
メーカー:東洋水産
発売日:2015年9月26日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製油)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)
製品URL:http://www.maruchan.co.jp/products/search/3067.html

標準栄養成分表
1食104g(めん80g)あたり
エネルギー:482kcal
たん白質:10.4g
脂質:22.1g
炭水化物:60.3g
ナトリウム:2.2g(めん・かやく1.2g スープ1.5g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.38mg
カルシウム:192mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加