どうもオサーンです。東京に住んでいた時は通学に東西線を利用していたんですが、九段下駅を通るたびに、爆風スランプの「大きな玉ねぎの下で」を頭のなかで歌っていたのを思い出します。今年、九段下のホーム発車音がこの「大きな玉ねぎの下で」になったそうじゃないですか!YouTubeで聴いてみましたが、ちょっと涙が出そうになりました。これはいいですね。最近は各地でご当地に縁のある曲が使われているそうですが、こういうのホントいいですね。ハンサム氏の地元でもあのグループのあの曲が電車接近メロディーとして使われているとか。なんかおらが町のスターを大事にする気持ちっていいですよね。

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 千里眼 豚骨醤油」。見た目はでかまると同じ大きさのパッケージですが、何やらズシリと重い。これはレトルトのもやしが入っているからのようですが、大盛油揚げ麺の商品としてはちょっと気合が入っていそうなので楽しみに襟を正して食べてみたいと思います。





スープは、「ポークの旨味・醤油をベースにラードとにんにくを利かせた濃厚な豚骨醤油味のスープ」とのこと。濃いしょうゆベースに、ガーリックと豚がガッツリ効いていて、パワーあふれる味に仕上がっています。結構凄まじいです。総体として調和をとろうとか、バランス良く仕上げようとか、そんな意図はまったくないものと思われ、とにかくいろいろ濃いです。大盛タイプの商品にバッチリマッチした味だと思います。こういうの潔くて良いですね。とても飲み応えあるスープです。

は、「なめらかでコシのある、丸刃で切った太麺」とのこと。同じ東洋水産のでかまるの麺に比べてちょっと歯ごたえがあるように感じられます。スープがかなり濃いので、スープと合わせるにはそれなりに強い麺が必要ですが、今回は太麺に近い麺できちんとマッチしていました。量も多くて、これぞ大盛カップ麺という印象でした。

は、「低温殺菌製法のもやし、味付鶏挽肉、ねぎ、ピリ辛味の揚げ玉」とのこと。具はかなり豊富です。これはノンフライ麺の高価格帯商品と見紛うほどです。レトルトのもやしはみずみずしく、ちょっと酸味がついています。ピリ辛揚げ玉は、まずは入れずにスープだけで食べ、後半戦に入れることが推奨されていますが(このブログでは写真を撮る都合上先に入れちゃいましたが)、確かに入れるのと入れないのとでは結構違いがあり、結構辛く味付けられています。挽肉とネギはそこそこの量ですが、全体としてはかなりボリュームがありました。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★☆☆☆(7)
味だけだと★6くらいかなと思いましたが、この商品は東洋水産の大きなメッセージが込められている気がして★1つ上乗せしました。というのもこの商品、かなり凝った具が入っていて高価格帯と見紛いますが(実際定価210円で油揚げ麺の商品としてはちょっと高いです)、本物のラーメンに寄せようという感じは全く見られず、むしろカップ麺らしいカップ麺を突き詰めていくとこういう感じにあるのかなという印象を持ちました。一般的な高価格帯商品は、ノンフライ麺で、なるべくお店のラーメンに近い味になるように作られていますが、この商品はあくまでカップ麺らしく、お店のラーメンとは別の次元でカップ麺としての高級を志向しようという期外にあふれているように感じました。実際にそういう気概がメーカーにあるのかはわかりませんが、この路線は大いにありだなーと思うし、カップ麺はカップ麺であってラーメンではないという方向性は、カップ麺ファンの中でも大いに賛同を得られる考え方なのではないかと思います。お店再現モノであってお店を再現していないように見える、とても面白い商品でした。

品名:マルちゃん 千里眼 豚骨醤油
メーカー:東洋水産
発売日:2015年9月21日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・あとのせかやく・もやし調理品)
定価:税別210円
取得価格:税込225円(セブンイレブン)
製品URL:http://www.maruchan.co.jp/products/search/3062.html

標準栄養成分表
1食168g(めん90g)あたり
エネルギー:571kcal
たん白質:12.9g
脂質:28.0g
炭水化物:66.8g
ナトリウム:2.9g(めん・かやく1.1g スープ1.8g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:217mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加