どうもオサーンです。このブログで何度か触れているアニメ「クラスルーム☆クライシス」ですが、この前の11話でいよいよストーリー爆発しましたね。さすが丸戸氏。あと2話しかないのでいろいろ回収できるか心配になりますが、丸戸氏なので心配は杞憂に終わるでしょう。これは今期の覇権アニメまっしぐらですな。丸戸氏を信じて見続けていた方々は報われましたね。反対意見もあるでしょうが受け付けませんw

今回のカップ麺は、トップバリュの「スパイシー 辛口タイプ ソースやきそば」。イオン系スーパーのPB「トップバリュ」の商品です。トップバリュのカップ焼そばには3種類あって、他に「お好みソース味のコクと旨み 甘旨ソースやきそば」と「ブラックペッパー&ガーリック風味 塩やきそば」があるそうですが、私のよく行くマックスバリュにはスパイシー辛口タイプしかないので、とりあえずこれを食べてみようと思います。このブログでずっと昔に食べたことのある「ソースやきそば」と系統的にはこれが一番似ていそうですね。





ソースは、「ウスターソースをベースにフルーツの甘みと酸味が隠し味の濃厚でスパイシーなソース」とのこと。酸味はかなりキツめ。系統的にはUFOのソースに似ていて、酸味の由来は原材料中にあるトマトかと思われます。商品名にある「スパイシー」な感じはそれほど強くなく、「辛口」というわけでもないと感じました。ずっと前に食べた以前のトップバリュの焼そばに比べるとスパイス感はおとなしくなりましたが、酸味が際立っているところにオリジナリティがありました。

は、細めの油揚げ麺。強いソースに対して細い麺。相対的にもソースの強さが際立ちます。ソースと麺の好バランスよりも強いソース感を選択した、これはおそらくメーカーの確信犯ですね。安価商品と義務付けられコストを掛けられない状況で、それでもインパクトを出さなければいけないならば、悪くない選択なんじゃないかと思います。少なくとも麺が勝ったものよりはいいですね。味が濃いのでおにぎりとかと一緒に食べるといいのかもしれません。

は、キャベツ、豚・鶏味付肉、ふりかけのアオサ、香辛料、紅しょうが。キャベツと肉についてはかなり少なめです。特に肉の少なさは特筆モノで、食べたことが記憶に残らないくらいですw まぁそういうカップ焼そばは多いし、実際安い商品なのでしょうがないですね。ふりかけは結構重要な役割をしていて、アオサも紅しょうがも風味が濃いソースの中で映えていて、香辛料(たぶんコショウ)はこのカップ麺で唯一のスパイシー焼そばらしさを出していました。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
酸味の強い濃いソースと主張の小さい細麺によって、ソース感がかなり強い商品でした。88円で買える安価商品ですが、味のインパクトはかなり強いと思います。ジャンキーな味なので、好きな人は好きなんだろうなぁと思います。私はいつも食べたいとは思いませんが、たまに食べたくなる味だと感じました。

品名:スパイシー 辛口タイプ ソースやきそば
メーカー:トップバリュ
発売日:不明
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体ソース・ふりかけ)
定価:税込88円
取得価格:税込88円(マックスバリュ)
製品URL:https://www.topvalu.net/items/detail/4902121931309/

標準栄養成分表
1食129gあたり
エネルギー:543kcal
たん白質:11.4g
脂質:22.6g
糖質:72.2g
食物繊維:2.8g
ナトリウム:2.0g
ビタミンB1:0.46mg
ビタミンB2:0.49mg
カルシウム:184mg

トップバリュHP:https://www.topvalu.net/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加