どうもオサーンです。モンハン最近離れていたのですが、11月に発売予定の新作のための練習として、久々にハンサム氏と狩りに行ってきました。もうどう操作するのか忘れてしまっていると思っていましたが、意外になんとかなるもので、きちんと元のレベルくらいには操作できました。人の名前覚えるのとかもこれくらいきちんとできればいいんですけどねぇ。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清バターチキン風カレーメシ」。最近はコンビニでは日清のごはんシリーズ(カップヌードルごはんとか)はほとんど見かけなくなりましたが、カレーメシシリーズはよく見かけます。確かに私もこっちのシリーズのほうがおいしいと思っています。今回はバターチキンということで、正直私のあまり得意な味ではないのですが、大好きなカレーメシなので食べてみたいと思います。





ルゥは、「トマトのうまみとバターのコクのある風味に加え、カルダモンやクミンなどのさまざまなスパイスが織りなす複雑な味わいが特徴のルゥ」とのこと。トマトが結構強めです。トマノと酸味が前に出て、バターの風味は後味として感じられます。そして今までのカレーメシシリーズ同様、スパイス感の強い仕上げになっています。バターチキンとしては甘さは弱めで、甘いカレーがそれほど得意ではない私には好都合でした。私の行ったことのあるインド料理店やパキスタン料理店のバターチキンは結構甘いくてトマトが弱いものが多かったので、ちょっと意外な感じがしました。基本的にカレーメシのカレーは甘さが弱いんですけどね。身近なもので言えば、いなばの缶詰や無印良品のレトルトカレーがありますが、どちらよりも今回のカレーメシの方が甘くなくトマトが強いですね。スパイス感は無印と互角くらいかな。辛さについてはあまり辛くなかったです。

ライスは、「米一粒一粒が立った、コシのある食感が楽しめるごはん」とのこと。カレーメシのライスの説明はいつも同じですねw そして私もいつも同じようなことを書いている気がします。規定時間通りに食べると、ライスと水が分離した状態で水っぽくて硬いデキになってしまいます。規定時間通りにレンジから出した後に、3分くらい蒸らすと良い感じのライスになります。このあたり、カレーメシシリーズの改善が必要な点なのではないかと思います。

は、「ポテト、蒸し鶏、ニンジン」とのこと。蒸し鶏やニンジンは、ほとんど目立たない量でしか入っていませんでした。ポテトについては、いつものカレーメシシリーズと同様、レンジし終わると溶けて形がなくなってしまいますが、ポテトの存在は食べててきちんと感じられます。これはなかなかおいしいです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
自分の勝手な感覚ではもっと甘いイメージを持って食べたバターチキンですが、トマトの酸味とスパイス感が強く、甘さは控えめな、なかなか硬派な一杯でした。いままでのカレーメシと同様、カレーメシというネーミングや個装の形状からは想像できない本格的な味に仕上がっています。私は個人的な好みでカレーメシを買うならこの商品は買いませんが、それでもバリエーションのひとつとしては大いにアリな商品だと感じました。

品名:日清バターチキン風カレーメシ
メーカー:日清食品
発売日:2015年9月7日(月)
麺種別:-
かやく・スープ:なし
定価:税別220円
取得価格:税込238円(ローソン)
製品URL:https://www.nissin.com/jp/products/items/4514

標準栄養成分表
1食120gあたり
エネルギー:480kcal
たん白質:8.6g
脂質:11.1g
炭水化物:86.5g
ナトリウム:1.1g

日清食品HP:https://www.nissin.com/jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加