どうもオサーンです。iPhone6sが発表になりましたね。事前のリーク情報通りの発表でちょっとインパクトに欠けるのかなと思いながらニュースを見ていました。むしろインパクトとしてはiPad Proの方がすごかったですね。完全にノートパソコンの地位を奪いに来ていますね。てか、自分のとこのMacBookは大丈夫なんだろうか。Airとかかなり売上落ちちゃうんじゃないですかね。

今回のカップ麺は、エースコックの「三島食品監修 ゆかり使用 塩焼そば」。三島食品のゆかりふりかけ生誕45周年を記念して作られた商品です。ゆかりふりかけおいしいですよね。梅干しのしそだけでご飯食べたい私のような人には常備したいふりかけです。ふりかけとしては常に置いておきたいのはのりたまですが、たまにゆかりも食べたくなります。スーパーに行くと、ゆかりとそっくりなパッケージの「しそ」というふりかけが売っていて、それを作っているのはタナカ(田中食品)という会社のですが、三島もタナカも広島のふりかけメーカーなんですよね。広島の方ならご存知かと思いますが、他の地域の方には(使う場面なさそうだけど)豆知識ということで、オタフクソースだけじゃないんだぞーと。





ソースは、「かつお節のだしの旨味がしっかりと利いたたれにより、あっさりとしているが飽きのこない味わいとなってい」て、「仕上げにゆかり®の入ったふりかけを加えることで、しその香りがより一層食欲をそそ」るとのこと。地のソースはおとなしめのしょうゆ味。かつおダシは強めに効いていてます。これが三島食品ゆかり使用のふりかけとマッチしていて、塩気とゆかりの香りはふりかけが担当、後ろ支えをソースが担当している感じです。ゆかりを最大限活かす構成になっていて、商品名どおりゆかりが前に出ていておいしかったです。

は、「適度な弾力と滑らかさを併せもった丸刃のめんで」、「程良い味付けを施し最後まで飽きのこないめんに仕上げ」たとのこと。カップ焼そばとしては細めの油揚げ麺で、なるべく麺が主張しないように考えられているように感じました。これによって、ゆかりとかつおダシがしっかり前に出てきています。ソースとのバランスはとても良かったです。

は、「シャキシャキとした食感の良いキャベツを使用」とのこと。キャベツだけで貧弱ですが、ふりかけのゆかりと白ゴマを具とカウントするならそれほど悪くないかな。ゆかりが入っているので肉系はあまり合わないように思えるし、ゆかりを活かすためならこれでいいんじゃないでしょうか。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
パッケージ同様、三島食品のゆかりを前面に出した商品で、ソースも麺もきちんとゆかりを引き立たせる構成になっていて良い商品だと感じました。インパクトはないですがおいしかったです。ただ、構成としては文句ないのですが、全体的に地味で大盛商品でもないので、価格は税別210円ではなく一般的なカップ焼そばの価格である180円にできなかったのかなーと思ってしまいます。大盛商品の価格帯で出すにはちょっと貧弱に感じました。おいしかったので高評価しましたが、180円で出していたら★もうひとつ追加していたと思います。

品名:三島食品監修 ゆかり使用 塩焼そば
メーカー:エースコック
発売日:2015年9月7日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(調味たれ・かやく・ふりかけ)
定価:税別210円
取得価格:税込225円(ローソン)
製品URL:http://www.acecook.co.jp/products/detail.php?id=339

標準栄養成分表
1食118g(めん100g)あたり
エネルギー:511kcal
たん白質:9.1g
脂質:21.0g
炭水化物:71.4g
ナトリウム:1.7g
ビタミンB1:0.47mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:248mg

エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加