どうもオサーンです。久しぶりにこのブログがどれくらいカップ麺食べてみるのかなーと思って見てみたんですが、もう1800個以上食べているんですね。我(ハンサム氏含む)ながらよくやっているなぁと自画自賛。調べてないのでよくわかんないですが、さすがにこんなにカップ麺をレビューしたブログって他にないんじゃないですかね?いや適当に言ってますけどね。

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「赤から監修 カップ赤からきしめん」。寿がきや食品と赤からのタイアップはすでに定番化していますが、このブログではそれほど多く食べているわけではなく、今回はきしめんということで食べてみることにしました。一度行ってみたいと思っているんですが、お店にも行ったことがないんですよね。まずは同じく寿がきやから出ている赤から肉豆腐でも食べてみようかな。





スープは、「牛脂と野菜の甘みに、コチュジャン、唐辛子の辛さを合わせた赤から特製スープ」とのこと。赤からは今まで寿がきやのカップ麺でしか食べたことがないですが、これは本当にうまいですね。コチュジャンの甘みが前に出るスープで、ピリ辛よりちょっと辛いくらいの辛さと後からくる牛の風味が絶妙です。食べるほどに癖になるというか、1杯じゃ物足りない後を引く味でした。寿がきやよりも赤からの手柄な感じで、こういう飛び道具はちょっとずるいとすら思いますw

は、「つるっとしたのど越しともっちりとした食感が特徴の幅広い生タイプきしめん」とのこと。生タイプ麺にありがちな、表面と中心の硬さの均一感からくる野暮ったさ、非本格感みたいなものが、きしめんだと解消されていました。生タイプ麺は幅広麺がいいですね!かなりのつるもちぶりで本格感がありました。そして、寿がきやに限らず生タイプ麺ではまま感じられる、一度湯がいたくらいでは取れない防腐剤系の酸味が、今回はスープが強力なためにほとんど感じることなく食べることができました。ただ、かなりつるつるしている麺でしかも太いためスープの拾いが悪く、きしめん好きの方ならこれで問題ないでしょうが、じっくりスープの味を楽しみたいならばちょっと向いていない麺かなぁとは思います。個人的には麺食べた後に投入したライスで食べるスープのほうがおいしかったです。

は、「肉そぼろ、油あげ、ニラ、細切りネギ、あげ玉」とのこと。一番目立っていたのは油揚げで、これがスープの甘さ以上に甘くて、かなり甘さを増幅させていました。結構量も入っていました。他の具も肉そぼろ以外はそれなりに量が入っていて賑やかな印象を受けました。特に揚げ玉が良かったですね。寿がきやの商品はたいがい具の不足感を感じるのですが、今回はそれがなくて良かったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★☆☆☆☆(6)
スープがバツグンにおいしかったです。辛さと甘さの絶妙なマッチングが後を引く味でした。スープだけなら★7かな。麺との調和がいまいちと判断して評価一つ下げましたが、麺自体はとてもレベルが高く、つるもち食感全開の、私が今まで食べた中で(生タイプ麺はあまり食べていませんが)最もレベルの高い生タイプ麺だと感じました。油揚げを中心とした具も賑やかで、満足できる一杯でした!

品名:赤から監修 カップ赤からきしめん
メーカー:寿がきや食品
発売日:2015年8月31日(月)
麺種別:生タイプ麺
かやく・スープ:2袋(カップ赤から液体スープ・かやく入スープの素)
定価:税別210円
取得価格:税込227円(ローソン)
製品URL:http://www.sugakiya.co.jp/products/nama/nama_c_6332.html

標準栄養成分表
1食191g(めん140g)あたり
エネルギー:309kcal
たん白質:10.5g
脂質:5.7g
炭水化物:53.9g
ナトリウム:2.5g(めん・かやく0.6g スープ1.9g)

寿がきや食品HP:http://www.sugakiya.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加