どうもオサーンです。この記事から、記事へのコメントを受け付けない設定にしています。コメントに返信しないまま長い間置いてしまうことがよくあり、ハンサム氏の休養もあり今後もなかなか思うように返信はできないものと思われます。あまりに不義理なのでしばらくコメント機能はお休みさせていただきます。また復活する日もあるかと思うので、その日にはまたよろしくお願いします。

今回のカップ麺は、日清食品の「有名店シリーズ 蔭山樓 鶏白湯塩そば」。「有名店が推す一杯」から「有名店シリーズ」へと脈々と受け継がれるタテ型油揚げ麺のお店再現モノですが、油揚げ麺なのにびっくりするほどレベルが高いこのシリーズですが、今回は東京自由が丘の中華の名店「蔭山樓(かげやまろう)」の鶏白湯塩そばを再現しています。このお店、フカヒレで有名なんだそうですが、ラーメンにもかなりこだわっていて、写真見ると本当おいしそうでヨダレが出てきました。すごく食べるのが楽しみです。





スープは、「丁寧に煮込んだ丸鶏のコクと旨みが凝縮された鶏白湯スープ」に、別添で「芳醇な香りの『特製えび油』」とのこと。濃い鶏の味です。柔らかさと濃さが両立しているスープですね。えび油が表面にあるうちはエビの味がしますが、混ぜ込むと味がなくなっちゃうので混ぜないまま食べるの推奨です。そして説明文にはないふわっとした柑橘系の風味があるな~と思っていたのですが、原材料見たらゆず皮が入っていました。ホントほんのりですが、混ぜた状態ならエビより強いくらいでした。濃いですが上品で、きちんと鶏の味を楽しめる逸品だと思います。おいしかったです。

は、「濃厚な鶏白湯スープと相性の良い、もっちりとした太ちぢれ麺」とのこと。繊細な鶏白湯に油揚げめんでしかも太麺はどうかなーと思って食べたんですが、なんのなんのまったく問題なかったです。このシリーズの油揚げ麺は油揚げ麺臭が弱く、今回もスープの邪魔をしていなかったです。他社では太いのにスープの邪魔をしない油揚げ麺にお目にかかったことがないので、これはすごいことだと思います。

は、「キャベツ、蒸し鶏、フライドオニオン、ネギ、レッドベル」とのこと。ごめんなさい上の画像だと具が殆ど入っていないように見えますが、底の方に細かい蒸し鶏やキャベツが沈んでいました。それほど多くはないですが、貧弱というほどではないです。一番印象的な具はフライドオニオンで、これは結構鶏のスープの中でいいアクセントになっていました。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
レベルの高い有名店シリーズの一杯、今回もなかなかおいしかったです。お店だとめちゃくちゃおいしいんだろうなーというのが想像できる感じがしました。まろやかで濃い鶏白湯にゆずが香り、フライドオニオンがアクセントを付ける、かなり上品な一杯でした。

品名:有名店シリーズ 蔭山樓 鶏白湯塩そば
メーカー:日清食品
発売日:2015年8月24日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製えび油)
定価:税別205円
取得価格:税込199円(マックスバリュ)
製品URL:https://www.nissin.com/jp/products/items/5574

標準栄養成分表
1食108g(めん80g)あたり
エネルギー:519kcal
たん白質:10.6g
脂質:24.9g
炭水化物:63.2g
ナトリウム:2.4g(めん・かやく1.0g スープ1.4g)
ビタミンB1:1.22mg
ビタミンB2:0.26mg
カルシウム:184mg

日清食品HP:https://www.nissin.com/jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加