どうもオサーンです。いよいよお盆も終わりますね。お盆休みは車で500キロほど走ってきましたが、基礎体力のない私はそれだけでもう他の生活が一切まともに行えなくなる事態に。そんな中で土日は仕事という、ちょっと自分が大丈夫なんかな?と心配になります。虚弱体質に見えないのに実はヨワヨワな自分が嫌になりますね。

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 辛雷門 辛烈担担麺」。8月3日発売の商品ですが、私の生活圏では1週間経って店頭に置かれたので食べてみることにしました。今回はシビレ系の本格派な印象の商品なので楽しみです。





スープは、「まろやかなうまみのポークエキスにねりごまをブレンドしたスープベースに、赤唐辛子の辛みと花椒の痺れを付与した、刺激的な味わいの担担麺スープ」で、「見た目も香りも辛さを感じられるスープに仕上げ」たとのこと。シビレが結構すごいです。食べ切る頃には体が熱くなります。辛さはピリ辛以上激辛未満ってところですが、このシビレはシビレ系のお店の担々麺に負けないくらいですね。一芸としてこのシビレはとても評価できますが、反面、シビレ以外に取り立てて強調する部分はなく、ちょっと物足りなさが残る味でした。

は、「コシがありながら歯切れがよく、のどごしが滑らかな細麺」とのこと。担々麺らしいやわらかい食感の細いノンフライ麺です。個人的にはもうちょっと硬い食感の方が担々麺にあうと思うのですが、担々麺の麺はこういうものが多いのでそこはいいとして、スープの強さに比して麺がちょっと弱すぎてバランスが悪いので、もっと太い麺のほうが良いように感じられました。

は、「肉そぼろのうまみがスープとよく合い、おいしさを引き立て」、「白髪ネギが赤いスープに映え、シャキシャキとした食感がアクセントになり」、「赤唐辛子を加えて彩りよく仕上げ」たとのこと。具は全体的に、高価格帯の商品としては貧弱です。白髪ネギも肉そぼろもスープの中で良い存在感があるものの、量が少ないため物足りないです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
私が今まで食べたシビレ系のカップ担々麺の中では、これは一番シビレますね。そこは大いに評価するポイントだと思います。反面、このシビレ以外に何か主張するものがなく、ちょっとスカスカな印象もまた残りました。ベースの担々麺がしっかりしてこそシビレも活きると思うのですが、その点では薄っぺらい感じがしたので残念でした。強烈なシビレを評価した★4にしました。

品名:サッポロ一番 辛雷門 辛烈担担麺
メーカー:サンヨー食品
発売日:2015年8月3日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(あといれ液体スープ・あといれ特製スープ・あとのせかやく)
定価:税別250円
取得価格:税込268円(ローソン)
製品URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0468.html

標準栄養成分表
1食112g(めん60g)あたり
エネルギー:385kcal
たん白質:12.4g
脂質:13.5g
炭水化物:53.4g
ナトリウム:3.4g(めん・かやく0.9g スープ2.5g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg

サンヨー食品HP:http://www.sanyofoods.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加