どうもオサーンです。500系新幹線とエヴァンゲリオンがタッグを組んで、今秋から500系新幹線がエヴァ初号機のデザインで走るそうですね。私はエヴァ全部見てこそいるもののそれほどハマったわけでもないですが、500系新幹線はホント大好きなので楽しみ。ハンサム氏なんて500系もエヴァも両方好きなので相当興奮しているのではないでしょうかw

今回のカップ麺は、エースコックの「EDGE 鬼辛アブラそば」。「『驚き』と『やりすぎ』でEDGEを効かせたブランド」との「EDGE」シリーズの新作です。前作「タテロング EDGE 鬼辛とんこつラーメン」がおいしかったので今回も楽しみです。





スープは、「しょうゆに、ポークエキス、ガーリックなどを加えることで、チャーシューだれのようにほんのりと甘みのあるしょうゆだれに仕上げ」、「別添の激辛スパイスを加えることでガツンと辛みが利いた美味しさが楽しめ」るとのこと。しょうゆベースのたれに唐辛子と魚粉の入った激辛スパイスがのるという構成ですが、「鬼辛」というほど辛くはないというのが一番の印象でした。前作の鬼辛はかなり辛かったんですが、今回ももちろん辛いのが苦手な人が食べても大丈夫というような辛さではないものの、特別に辛いという感じはしなかったです。そして油そばとしてのしょうゆだれですが、激辛スパイスと良さを消しあってしまっている感じがして、単にしょうゆだれに唐辛子がのっているだけで、たれの豚脂やガーリック、スパイス中の魚粉が前に出てきていないように思いました。普通に辛いものを食べたいと思うなら悪い商品ではないと思いますが、これはEDGEであり鬼辛であり油そばだということを考えると、もうちょっと作りこみが必要なのんじゃないかと感じられました。

は、「しっかりとしたコシと弾力を併せもつ太めん」とのこと。太い油揚げ麺で硬め、弾力があります。油揚げ麺臭は盛大ですが、濃いたれと激辛スパイスの存在感が大きいため、太麺との相性はバッチリでした。これくらい太くないと麺の存在は消えてしまうんじゃないかと思います。

は、「程良く味付けしたメンマ、彩りの良いなると、唐辛子」とのこと。具は非常に少ないです。オマケ程度です。メンマの風味はたれとよくあっていますが、もっと量が欲しかったですね。ただこの商品の場合、唐辛子と魚粉のスパイスが具のようなものなので、そう考えると量としてはしょうがないのかなと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
今回のEDGEも唐辛子と魚粉のスパイスが入っていましたが、しょうゆだれとこのスパイスを潰し合いをしている印象を受け、ちょっと残念な商品でした。前作のとんこつスープはそれができていたのでおいしかったしコンセプトをきちんと活かしていましたが、今回は油そば要素も激辛要素も魚粉要素も中途半端でした。ただ、おいしくないわけではないので、ネタとして食べてみるのは悪くない選択だと思います。

品名:EDGE 鬼辛アブラそば
メーカー:エースコック
発売日:2015年7月20日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(調味たれ・かやく・激辛スパイス)
定価:税別210円
取得価格:税込225円(サンクス)
製品URL:http://www.acecook.co.jp/products/detail.php?id=317

標準栄養成分表
1食128g(めん100g)あたり
エネルギー:557kcal
たん白質:11.4g
脂質:23.0g
炭水化物:76.0g
ナトリウム:1.8g
ビタミンB1:0.32mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:269mg

エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加