右は通常商品

どうもオサーンです。この前あまりに暑かったので、職場でカップアイス食べました。デスクワークなので別に仕事しながら何食べても怒られたりしないのですが、小心者のオサーンとしては、アイス食べるのと食事でおにぎり食べるのでは悪いことしている感が全然違うのですよ。でも暑い時のアイスは体の芯から冷えてやみつきになりそうです。今回はセブンの練乳氷あずきだったんですが、今度はサクレレモンにしてみよう。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばU.F.O. 39周年特別限定品」。日清どん兵衛と日清焼そばUFOが39周年を迎え、「長きにわたるご愛顧にサンキュー!」ということで「39周年特別限定品」が発売されました。今回はそのうちのUFOバージョン。「『やみつき濃厚ソース!』を130%に増量した今回だけの特別な『U.F.O.史上最高濃度130%ソース』を搭載」したとのことです。要するにいつものUFOより30%ソースの量が多いですよってことですね。


左が今回の39周年特別限定品、右が通常商品。ソースの大きさが明らかに大きい。




左が今回の39周年特別限定品、右が通常商品。見た目はそれほど変わらないです。

ソースは、「炒めた豚肉のうまみとコクが感じられる、濃厚な香りと味わいが特徴の当社従来品『やみつき濃厚ソース!』を130%に増量した『U.F.O.史上最高濃度130%ソース』」とのこと。量的に増えているのは上の画像からわかる通り。ただ味的にどうかと言えば、それほどの影響がないように感じられました。というのも、もともとが液体ソースで麺と絡みやすい上に、濃いソースなので通常のソース量でも十分パワフルなんですよね。結局麺に絡まない分は底にたまってしまいますし、その結果、完成品を比べてもそれほど違いがわかりません。多少濃くなってますが、酸味が特徴的な通常UFOの味そのまんまという印象でした。

は、「『日清焼そばU.F.O.』ならではのコシのある中太麺」とのこと。いつものUFOのストレートな油揚げ麺です。これだけでもう、★3以下にはできないオーラを発しているw、品のある麺です。実は私は最近の日清のストレート麺の技術で、一番効力を発している商品はUFOシリーズなんじゃないかと思っています。このストレート麺の食感は、他社の縮れ麺のカップ焼そばに比べて数歩前を行っている感じがします。

は、「大切りキャベツ、豚肉」「青のり、紅しょうが入りふりかけ」とのこと。これも通常商品と同じ具ですね。食べた感じ多少通常商品に比べて肉の量が少ないとは思いましたが、誤差の範囲でしょうたぶん。豚バラっぽい肉なのが良いですね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
確かにソースは増量していましたが、味へ寄与はそれほどでもなく、どうせやるなら量を増やすんじゃなくてソースの濃度を濃くすべきだったと思います。でもパッケージに書かれている「最高濃度130%ソース」だと、通常より濃いソースが入ってるものだと思っちゃいますよね。実際はソースの量が多いだけで、ソース自体の濃さは濃くないです。かなり紛らわしい。他は普通のUFO焼そばでした。

品名:日清焼そばU.F.O. 39周年特別限定品
メーカー:日清食品
発売日:2015年7月13日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(UFOソース・ふりかけ)
定価:税別180円
取得価格:税込118円(マックスバリュ)
製品URL:https://www.nissin.com/jp/products/items/6878

標準栄養成分表
1食132g(麺100g)gあたり
エネルギー:568kcal
たん白質:9.3g
脂質:21.8g
炭水化物:83.7g
ナトリウム:2.5g
ビタミンB1:0.47g
ビタミンB2:0.62g
ビタミンB1:182g

日清食品HP:https://www.nissin.com/jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加