どうもオサーンです。「呼び込み君」って知ってますか?スーパーの店頭とかでファミコンみたいな音楽を流しながら客が近くによるとアナウンス広告を流す機械なんですが、これが結構いろんなスーパーに置かれていて、得も言われぬ魅惑的な音楽と姿に、私はすっかり虜になってしまいました。うちは店でもなんでもないけど、すごく欲しいw ハンサム氏と、お互いどこかでこれを見つけたら写真撮って送り合うという約束をしました。ちょっと動画置いといてみるので、すごく暇だったり見てみてください。



今回のカップ麺は、日清食品の「チキンラーメンどんぶり 酸辣湯風」。定期的に出るチキンラーメンの派生商品の新作で、今回は酸辣湯風だそうです。いつもはチキンラーメンはハンサム氏が食べていますが、今回はハンサム氏が見つけられなかったとのことなので私オサーンが食べます。





スープは、「国産チキンを100%使用したローストしょうゆの味わいの元祖鶏ガラスープに、黒酢とラー油の風味を加えた酸辣湯風スープ」とのこと。基本的にいつものチキンラーメンのスープの味が強いです。酸辣湯要素といえば、まずピリ辛程度に辛いです。チキンラーメンの味と辛いのは意外とよく合います。そして香りとして黒酢の香りがしますが、香りほど味はしません。きちんと酸辣湯ですが、あくまで酸辣湯風味のチキンラーメンです。メーカー的にもそういう味を狙ったんだと思うので文句ないですが、強い酸辣湯は望んではいけないです。

は、「しょうゆベースのチキンスープで味付けした、香ばしい「チキンラーメン」の麺」とのこと。いつもチキンラーメンについてはハンサム氏が記事を書いているのですが、「どれも麺が同じだから書くことがない」とよくボヤいていて、今回その気持ちがよくわかりました。今回もいたっていつものチキンラーメンです。多少、この味と黒酢の風味があわないように感じたのですが、好みの問題の範疇かな。

は、「かきたま、シイタケ、ネギ、キクラゲ」とのこと。チキンラーメンではお馴染みのかきたまに、酸辣湯らしいシイタケ、キクラゲが入っています。全体的に具の量はそれほど入ってないですが、シイタケの風味が良いアクセントになっていました。チキンラーメンらしさと酸辣湯らしさをきちんと調和できていますが、チキンラーメンらしく無難でした。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
酸辣湯だろうが何だろうが、やっぱりチキンラーメンはチキンラーメンでした。基本的にチキンラーメンの味、でもピリ辛と黒酢の香りがあって、酸辣湯らしさはありました。辛さが思いのほかチキンラーメンとはあいそうなので、今度激辛なオトナのチキンラーメンとか作って欲しいです。

品名:チキンラーメンどんぶり 酸辣湯風
メーカー:日清食品
発売日:2015年6月1日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:袋なし
定価:税別180円
取得価格:税込118円(マックスバリュ)
製品URL:https://www.nissin.com/jp/products/items/6822

標準栄養成分表
1食92g(めん80g)あたり
エネルギー:400kcal
たん白質:8.7g
脂質:17.4g
炭水化物:52.3g
ナトリウム:2.1g(めん・かやく0.9g スープ1.2g)
ビタミンB1:0.60mg
ビタミンB2:0.75mg
カルシウム:114mg

日清食品HP:https://www.nissin.com/jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加