どうもオサーンです。デスクトップPCのシステムディスクをSSDにしているのですが、結構昔に買ったやつなので容量が小さくてついにいっぱいになってしまったので、新しいのに換えました。容量が4倍になりましたが、それよりもPCが格段に早く動くようになり、ちょっとPCが触るのが楽しくなってきました。仮想メモリが足りなくなっていたのか単純にSSDの劣化と進化なのかはわかりませんが、我が家ではまだまだスマホやタブレットよりPCがエースマシンとして道を譲らなそうです。

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「番長花道 辛味噌ラーメン」。寿がきや食品の「辛辛魚」に続く、激辛に振った商品の第2弾的商品として、今回は約1年前に発売されてから初の再登場となります。前回は「味噌麺処花道監修 辛味噌番長ラーメン」という商品名だったので、今回はずいぶんスッキリしましたね。





スープは、「動物系の旨みと白味噌の濃厚スープに、たっぷりのラー油が浮かび、仕上げに後入れ粉末スープを加える激辛濃厚味噌味」とのこと。辛さは同じ寿がきやの名物商品「辛辛魚」に比べるとやや弱め、それでも一般的なカップ麺に比べるとかなり辛いです。太い味のみそと辛味の調和がうまくできていて、どちらの味もしっかり感じられるのが大きな特徴だと思います。前回出た時はみその味がぼやけている印象を受けたので、きちんとブラッシュアップできていると感じました。よく売っている辛みそカップ麺とは辛さが全然違うので、オリジナリティ高いです。反面、やっぱり、うん、やっぱりどうしても辛辛魚と比べてしまうとまだインパクトは多少欠けるのかなと思います。

は、「全粒粉を配合したコシと弾力のあるノンフライ太めん」とのこと。モチモチしていて存在感あるノンフライ麺です。主張は強いですが、縮れが強くてよくスープと絡むので、みそや辛さをしっかり味わうことができ、相性はなかなか良いと思います。麺の材料の全粒粉の味自体はよくわかりませんが、健康に配慮されているのはうれしいところです。

は、「モヤシ、ニラ」とのこと。モヤシはもう、ウルトラ細いです。しっかり認識しながら食べないと、軽く存在を忘れてしまいます。ほぼ具はニラだけと言っても良いかもしれません。まぁ完全にオマケ程度ってことですね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
前回発売時に比べてみそが太く強くなっているところは素直に高評価。辛辛魚ほどではないにしろ、辛さもきちんとあり、インパクトの強い一杯に仕上がっています。辛辛魚、番長花道に続いて、寿がきやさんにはさらにこの激辛シリーズを充実させてもらいたいですね。激辛好きにはなかなか楽しい商品です。

品名:番長花道 辛味噌ラーメン
メーカー:寿がきや食品
発売日:2015年5月18日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく入スープの素・後入れ粉末)
定価:税別256円
取得価格:税込275円(ローソン)
製品URL:http://www.sugakiya.co.jp/products/sokuseki/soku_n_8167.html

標準栄養成分表
1食150g(めん75g)あたり
エネルギー:515kcal
たん白質:16.7g
脂質:18.6g
炭水化物:70.2g
ナトリウム:3.3g(めん・かやく0.8g スープ2.5g)
カルシウム:140mg

寿がきや食品HP:http://www.sugakiya.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加