どうもオサーンです。今は近所になくて食べてないんですが、以前はよくフレッシュネスバーガーでハンバーガー食べていました。「サルサバーガー」と「スパムバーガー」がお気に入りでしたが、もうサルサバーガーって売ってないんですね。自分の中での今まで食べた美味しかったハンバーガーランキングではロッテリアの「半熟タマてりバーガー」と函館のラッキーピエロというお店の「てりやきバーガー」と並ぶ3強だったんですけどね。いや、そんなたくさんハンバーガー食べたことあるわけじゃないんですけどね。最近はもうほとんどハンバーガー食べてなくて、でもちょっと前にぷよぷよクエストのシリアルカードが目的でケンタッキーフライドチキンで食べた「和風チキンサンド」はおいしかったな。KFC最強はレッドホットチキンでこれは譲れないんですけど。あぁ、またどうしようもないとりとめのない話をしてしまいましたw

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 昔ながらの油そば」。以前売られていて今はラインナップにありませんが、「マルちゃん 珍々亭 油そば」という商品があり、今回の商品はその置き換えかと思われますがどうなんでしょうか。最近のまぜそばのような派手な味ではないですが、ジワジワ来るおいしさがあったので、今回の商品もそれを楽しみに食べてみたいと思います。





タレは、「ポークとチキンの旨味をベースに醤油とラードを合わせた、濃厚なタレ」で、「酢とラー油でバランス良く仕上げ」たとのこと。程々の豚脂分にこれまた程々の酸味で、しょうゆ味が前に出てくるタレです。やや油分と酸味が小さくなった気はしますが、基本的にはやはり「珍々亭」と同じタイプの味ですね。今風ではない、油そばの味わいをしっかり楽しめます。後半にお酢とかラー油を入れて楽しむと最後までおいしく食べられると思います。今風まぜそばによくあるマヨネーズを入れるのはちょっとこの商品の情緒的な味を損なってしまうかな。

は、「モチモチとした食感の、食べごたえのある角刃で切った麺」とのこと。太いうどんのような太い油揚げ麺です。それなりに油揚げ麺臭はありますが、こってり系のタレなのでそれほど気にありません。そしてこれは「珍々亭」の時の麺と同じだと思われます。個人的には一回り細い方がタレとの相性良いかなーとは思いますが、これも悪くないです。ネットで見る限りは、実際のお店の麺もここまで太くはないような感じだと思います。

は、「チャーシュー、メンマ、なると、ねぎ」とのこと。「珍々亭」は細切れの豚肉でしたが、今回はチャーシューです。ただこのチャーシュー、廉価商品に入っているあんまりおいしくないチャーシューなので、細切れの豚肉の方が良かったかな。メンマはしょうゆダレと相性抜群なので、量的には普通でしたがもうちょっと量が欲しかったところ。この値段のカップ焼そばはだいたい具はショボイので、この商品焼そばじゃないですがチャーシューが入っっている分まだマシなのかな。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
基本的には以前ラインナップされていた「珍々亭 油そば」を踏襲していて、豚脂、酢、ラー油の入っている意図がよく分かる味に仕上がっています。いいですね落ち着いた味で。派手さはないですが、ふと後でまた食べたくなる味だと思います。珍々亭の大盛サイズから標準サイズに変わってしまい、これじゃ足りないということもありそうですが、ご飯片手にこれ食べるのも悪くない味でした。

品名:マルちゃん 昔ながらの油そば
メーカー:東洋水産
発売日:2015年4月27日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税込113円(マックスバリュ)
製品URL:http://www.maruchan.co.jp/products/search/2949.html

標準栄養成分表
1食114g(めん90g)あたり
エネルギー:518kcal
たん白質:9.3g
脂質:25.0g
炭水化物:63.9g
ナトリウム:1.5g
ビタミンB1:0.40mg
ビタミンB2:0.42mg
カルシウム:207mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加