どうもオサーンです。アップルウォッチが発売されてしばらく経ちましたが、評判とかどうなんでしょうかね。私はイマイチ、商品の価値を見出だせずにいますが、そのうち多くの人が持つ時代が訪れるのでしょうか。そもそも私は、iPhoneが出た時も、その当時は私の想像力では価値を見出せずにいたのに、今や必需品なので、アップルウォッチもそのうちそうなるんでしょうか。でも時計ってファッション要素がとても強いので、現状オメガやロレックスに置き換わるような存在にはなっていないように感じますよね。いやそんな時計私は持ってないんですけどねw

今回のカップ麺は、エースコックの「わかめ ぶっかけうどん」。私、実は「わかめラーメン」シリーズのファンです。もう長いシリーズですが、ホントわかめとゴマがうまいです。今回はぶっかけうどんという、わかめラーメンシリーズの新境地を開拓してきましたので、シリーズのファンとしては食べてみるしかないでしょう。生卵の黄身を入れると釜玉うどん風になるらしいですが、このブログらしく、何もせず食べてみたいと思います。





スープは、「風味豊かな鰹だしが香る、醤油と昆布の旨みを利かせた和風つゆ」とのこと。少し酸味のあるしょうゆ味で、意外と油分のあるスープ、こってり感があります。ただ「わかめラーメン」シリーズの良いところってやっぱりわかめだと思うんですが、今回はぶっかけうどんということで、せっかくわかめを戻して香りや旨みが出た戻し湯を捨てちゃうんですよね。あんまりわかめの恩恵を感じられない味になってしまっていたのが残念でした。

は、「つるっと滑らかで喉越しの良いうどん」とのこと。やや油揚げ麺臭の強いうどんの麺です。悪い感じはしませんでしたが、わかめの風味がもっと強ければ油揚げ麺の味もわかめラーメンと同じように活きるのかなーと考えると、スープのところでも触れたわかめの良い部分が出ているお湯を捨ててしまっているのが残念でした。

は、「広がりの良いわかめ、香ばしい炒りごま、彩りの良いねぎ」とのこと。相変わらずお湯で戻した後のわかめの膨張にはビックリします。わかめラーメンの特徴であり美点であるわかめと炒りゴマはしっかり押さえてあります。ただ、これもスープにわかめの風味がないため、具のわかめを食べても出がらし感が強かったですね。食感は素晴らしいんですが。反面、ゴマは相変わらず良い仕事をしていて、ゴマの香りがこの商品の味を方向付けていたように感じました。味的にはわかめぶっかけうどんではなくてゴマぶっかけうどんって感じかな。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
わかめの風味を活かす意味においては、戻し湯を捨ててしまう今回のような商品はわかめの良いところを出せないので向いていないように感じました。わかめラーメンシリーズらしいおいしさではなく、あくまで普通にしょうゆ味のぶっかけうどんでしたね。わかめはスープありきだと思います。

品名:わかめ ぶっかけうどん
メーカー:エースコック
発売日:2015年4月27日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(調味たれ・かやく・ふりかけ)
定価:税別180円
取得価格:税込102円(マックスバリュ)
製品URL:http://www.acecook.co.jp/products/detail.php?id=286

標準栄養成分表
1食102g(めん80g)あたり
エネルギー:438kcal
たん白質:8.1g
脂質:20.1g
炭水化物:55.0g
食物繊維:2.2g
ナトリウム:1.9g
ビタミンB1:0.32g
ビタミンB2:0.30g
カルシウム:215mg

エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加