どうもオサーンです。

今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 衝撃の泡立ち 鶏白湯ラーメン」。昨日ハンサム氏が食べた「スーパーカップ1.5倍 衝撃の泡立ち 豚骨醤油ラーメン」と同時発売の商品です。何やら泡だけではなく味にも衝撃を受けた様子なので、私も食べてみることにしました。豚骨醤油の方は結構コンビニで見かけることができましたが、こちら鶏白湯はどこのコンビニにもなくて、結局スーパーで見つけて買いました。






ここまでは普通のカップ麺


泡のもとを入れてかき混ぜます


みるみる泡ができてきて、麺が埋没するとともに表面がせり上がって溢れてくるんじゃないかという恐怖心がw



スープは、「まろやかな味わいのチキンエキスと肉感の強いチキンエキスに、オニオンのコクを加えた鶏白湯スープで」、「後入れ粉末スープ『泡のもと』でふんわり泡立て」たとのこと。いやーとにかく濃い!大盛カップ麺を買う人がどんな味を求めるかって、おそらくこういうことだと思うのですよ。ガッツリ食べたい!とにかくガッツリサイズでガッツリ味!私はこのブログで常々スーパーカップに求められている味について語ってきたつもりですがw、こういうことなんですよ!エースコックのサイトによると、泡のメリットとして「めんが絡みやすく、すするだけでスープの味がダイレクトに味わうことができる」と書かれていますが、塩分は通常のスーパーカップと同程度にもかかわらず、明らかにいつもより濃く感じるんです。これは素晴らしいです。ちょっと感動してしまいましたよ。これはただちに通常スーパーカップも泡化するべきですね。細かい味はどうでも良くて、スーパーカップに求められているものは味を濃くしてガッツリ食べた気分になれるかどうかだと思うのですよ。今回の味は「まろやか鶏白湯」で、確かに鶏っぽい味はしましたが、まろやかでもなんでもなく、良い意味でわかりやすい味です。ラーメンとして考えた場合、行き過ぎた濃い味に感じられますが、でもこれはスーパーカップだからこうあるべきと思います。我が意を得たりというか、エースコックさんホントよくやってくれました!泡の効果は、私が食べた場合だと麺が食べ終わるくらいまでは持続していました。あーでも一応付け加えておくと、濃い味が苦手、薄味が好みな方は食べるべきではないです。かなり舌に刺さってきます。

は、「しっかりとした弾力があり、口の中で存在感のあるカドメン」とのこと。泡の存在感が強すぎて麺の存在が霞みますが、それでもこの麺は以前の「3Dめん」ほどではないけどそれなりに主張は強く、今回の強烈なスープともきちんとバランスがとれていました。泡と渡りあわなければならないという、カップ麺としては初だろう難事に取り組まねばならないかわいそうな?麺ですが、しっかり仕事をしていたと思います。

は、「程良く味付けした鶏肉そぼろ、シャキシャキとした食感のキャベツ、しょうが、ねぎ、唐辛子」とのこと。そもそも泡のために存在感が消えるのですが、それでも今回はスーパーカップとしては具の量は多いです。特に鶏そぼろがたくさん入っていました。あのペラペラチャーシューが入ってないだけでこれだけできるのかと思うと、あれはもういらないんじゃないかと思えます。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★☆☆☆(7)
スーパーカップが求めるべき理想を具現化した商品だと感じました。これは濃い味でとても満足でした。こればっかり食べていると舌がバカになっちゃいそうですが、それでも大盛り商品はこうあるべきだと思います。昨日ハンサム氏が食べた豚骨醤油に引き続きこちらも★7にしました。私は豚骨醤油も食べてみましたが、あちらも今回と同じで、泡効果で味が濃く感じられ、理想を具現化した商品だと感じました。要は細かい味の違いとかを無力化するほど、今回の泡と味の濃さは衝撃的でした。僅差で豚骨醤油のほうがおいしかったかな。



品名:スーパーカップ1.5倍 衝撃の泡立ち 鶏白湯ラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2015年4月6日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(かやく入り粉末スープ・後入れ粉末スープ泡のもと)
定価:税別200円
取得価格:税込138円(マックスバリュ)
製品URL:http://www.acecook.co.jp/products/detail.php?id=277

標準栄養成分表
1食109g(めん90g)あたり
エネルギー:447kcal
たん白質:9.9g
脂質:13.4g
炭水化物:71.6g
ナトリウム:3.0g(めん・かやく0.9g スープ2.1g)
ビタミンB1:0.72mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:229mg

エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加