どうもオサーンです。コストコで買った茎わかめの珍味にハマっています。500gの茎わかめが小袋に分かれて入っていて1000円位したやつですが、バクバク食べててすぐなくなっちゃいそうです。茎わかめは色々体に良さそうですが、食べ過ぎると塩分とか心配ですよね。何事もやりすぎは良くない。気をつけます。

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛(マジモリ) ねぎだく豚骨」。最近、本気盛シリーズはいつもハンサム氏が食べていたので、私オサーンが食べるのは久々です。どうにも本気盛はスープとの調和を無視した太麺が苦手で、敬遠してしまっていました。ちょっと緊張しますが食べてみたいと思います。





スープは、「ポークの旨味をベースにガーリックなどの香辛料で味を調えた、とろみのある濃厚な豚骨スープ」とのこと。少しとんこつ臭しますが、匂いだけで味の方はクセのないスープです。とんこつの味の割に強いとろみがちょっと不自然に感じました。これだけとろみをつけるならばとんこつ臭だけではなく豚脂の風味も効かせないと、目指している方向がよくわからないスープでした。

は、「チキンの旨味とオニオン・ガーリックで味付けした、なめらかでコシのある太めの角麺」とのこと。いつもの本気盛同様に、厚みのある油揚げ麺です。ただでさえ方向性があまり見えてこないスープなのに、この主張が強い麺のおかげでさらにスープの味がよくわからなくなってしまっています。今回のような主張の弱いスープの場合、さすがにこの太い油揚げ麺は厳しい印象でした。

は、「FDねぎブロック、味付鶏挽肉、ねぎ」とのこと。フリーズドライのネギは、これ単体で見ると素晴らしい具だと思います。ネギの甘さがしっかり感じられ、火の通ったネギらしい食感もよく、一般的なカップ麺の具のネギよりずっと本物のネギです。ただ、今回のスープにはあまりマッチしているように感じられませんでした。白ネギの甘さが、味がぼやけているスープには必要ない印象で、青ネギだけの風味のほうが良かったかなと思います。斜め切りですき焼みたいな食感のネギよりも小口切りのほうがとんこつラーメンには良かったんじゃないかとも思いました。

オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
とんこつスープに太麺、大きいカットのネギと、ある意味とんこつラーメンの常識に抗った内容でしたが、結果撃沈してしまっていました。なんだか、パーツ毎に各々が勝手に仕事をしていて、最終的に全部合わせた完成姿が想定されていない商品のように感じました。私自身は久々に本気盛食べましたが、今回もちょっと厳しかったです。

品名:マルちゃん 本気盛(マジモリ) ねぎだく豚骨
メーカー:東洋水産
発売日:2015年3月16日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)
製品URL:http://www.maruchan.co.jp/products/search/2930.html

標準栄養成分表
1食100g(めん80g)あたり
エネルギー:422kcal
たん白質:13.5g
脂質:14.3g
炭水化物:59.8g
ナトリウム:2.5g(めん・かやく1.0g スープ1.5g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:381mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加