どうもオサーンです。私はジャイアンツファンですが、今年のスワローズ雄平選手は昨年以上に打ちそうですね。あのフルスイングで打率も残すってどんな野球センスしてんだよって思います。雄平選手とか山田選手とか、本当に羨ましい。ジャイアンツも大田選手や中井選手の覚醒が待ち遠しいです。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定鶏塩らーめん」。東京恵比寿にあるAFURIは、神奈川の名店ZUND-BARのセカンドブランドだそうで、数店の支店を持つ有名店です。無化調で作られる淡麗系のしおスープが売りで、その他にも洒落た外観や内装でも有名だそうです。





スープは、「鶏ガラとかつお節、昆布などの和風素材からだしをとった塩ベースのスープ」とのこと。鶏主体のスープかなと思って食べたのですが、ベースは鶏で鶏中心なものの、魚介も強めに効いています。旨みの奥行きもあり、この部分は昆布なんでしょうね。実際のお店のラーメンは、ゆずが効いているものが主力のようですが、今回のスープは成分にゆずは入っているものの、それほど前にくる感じではなかったです。鶏の太さと魚介の香ばしさのバランスが良く、なかなかにおいしいスープでした。

は、「しなやかな食感のストレート麺」とのこと。ノンフライ麺と見紛うストレートな油揚げ麺で、油揚げ麺臭もあまり感じられず、スープの味をまったく邪魔していませんでした。この麺ならばお店もの系のこだわったあっさり系のスープでも問題なくマッチするんじゃないかと思います。他社ではスープとのバランスを無視してあっさりスープに平気で油揚げ麺臭盛大の麺を合わせてきたりしますが、この麺をぜひ参考にしてもらいたいものです。

は、「炭火で焼いた鶏肉、メンマ、ネギ、かまぼこ」とのこと。鶏肉の塊がゴロゴロ入っています。これはボリュームありますね。かまぼこもたくさん入っています。メンマの風味もスープとの相性バッチリでした。実際のお店では炙りチャーシューが入っているようですが、この炭火焼鶏肉は日清が推している具なので日清流のアレンジですね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
鶏と魚介のスープは思いのほか魚介が強く、おいしかったです。見た目あっさり系ですが、実際はあっさりでもなくこってりしすぎてもいなく、上品なスープでした。「日清 THE NOODLE」という新シリーズだそうですが、次はどんなお店が出てくるか楽しみです。

品名:日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定鶏塩らーめん
メーカー:日清食品
発売日:2015年3月9日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(香り油)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)
製品URL:https://www.nissin.com/jp/products/items/6551

標準栄養成分表
1食95g(めん80g)あたり
エネルギー:442kcal
たん白質:12.1g
脂質:19.4g
炭水化物:54.8g
ナトリウム:2.2g(めん・かやく0.7g スープ1.5g)
ビタミンB1:0.29mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:137mg

日清食品HP:https://www.nissin.com/jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加