どうもオサーンです。最近、クラシックスタイルなカレー店でカレーを食べるのがマイブームなんですが、カツカレーという食べ物は神であり悪魔の食べ物ですね。カレーとカツのなんという相性の良さなんでしょう。でも、カレーとしての完成度の高いカレーが必ずしもカツカレーでもおいしいわけでもないところが奥が深い。むしろカレーとしては凡庸で普通な味のカレーの方がカツカレーとしては素晴らしかったりします。何でも出す定食屋や社員食堂的なお店のカツカレーが絶品だったりすることがよくありますよね~。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清カップヌードルリゾット チリトマト」。日清のごはんシリーズの新作です。今回はチリトマトヌードルのリゾットということですが、そろそろネタが尽きてきそうですね。最近再販されたトムヤムクンヌードルなんかもあるかも!





味付は、「トマトのうまみと酸味の中にピリッとした辛さを感じる、『カップヌードル チリトマトヌードル』ならではのおいしさをリゾットで再現」とのこと。これトマト強めで辛さピリ辛以下で、まんまチリトマトヌードルの味がします。さわやかな味で、リゾットしても何ら不自然さを感じませんでした。なかなかおいしいです。

ライスは、「米一粒一粒が立った、コシのある食感が楽しめるごはん」とのこと。規定時間の5~6分のレンジ時間だと、水っぽく、ごはん自体は硬めになります。蒸らし時間を2~3分設けることで、ふっくらした仕上がりになります。いつものレンジごはんと同じ感じですね。チリトマト味との相性は、いつものカップヌードルの麺ほどではないですが相性は良かったです。

は、「キャベツ、鶏肉、コーン、トマト、インゲン」とのこと。カップヌードルに比べるとやたらコーンが目立っていたような。もちもちした食感でおいしかったです。逆に鶏肉はあまり存在感がなかったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
まんまチリトマトヌードルの味なのでインパクトという点ではそれほどなかったですが、無難においしいリゾットでした。このシリーズ面白くていいですね。ただごはんは蒸らし時間がないと硬くて不自然なごはんになってしまうので、そこはまだ更なる改良が必要ですし、きっと日清ならそのうちやってくるでしょうね。

品名:日清カップヌードルリゾット チリトマト
メーカー:日清食品
発売日:2015年3月2日(月)
麺種別:-
かやく・スープ:なし
定価:税別220円
取得価格:税込199円(マックスバリュ)
製品URL:https://www.nissin.com/jp/products/items/6540

標準栄養成分表
1食86gあたり
エネルギー:315kcal
たん白質:7.3g
脂質:3.1g
炭水化物:64.5g
ナトリウム:0.77g

日清食品HP:https://www.nissin.com/jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加