どうもオサーンです。先日節分だったので素煎り大豆を買ってきて食べたんですが、買ったのはよくわからないメーカーの安い大豆と、その安い大豆の2倍の値段のするでん六の大豆。食べ比べてみると一目瞭然、断然でん六の方がおいしかったです。食感が軽くて風味がいいんですよね。さすが節分シーズンには圧倒的な存在感で節分コーナーで幅を利かせるでん六商品ですね。ちなみにうちの近所のスーパーでは、節分コーナーにでん六商品が14種類置いてありました。おそるべし。

今回のカップ麺は、日清食品の「出前一丁 出前坊やのまかないチャーハン」。カップ麺じゃないですが。すっかり日清の定番品となったごはんモノの新作です。今回は出前一丁をモチーフとしています。







味付けは、「しょうゆ味をベースに、たまごとチャーシューを炒めた風味を加え、チャーハンの香ばしさを再現し」、「出前一丁ならではの、焙煎したごまの風味が香ばしい『秘伝のごまラー油」』」が別添とのこと。炒めた風味があるので味は確かにチャーハンっぽいんですが、別添のごまラー油が一人勝ちしている味でした。私はゴマ油が好きなので香ばしくて良かったですが、全体の味として考えるともうちょっとごまラー油の味が弱い方が良かったのかなと思います。もちろん、本家出前一丁の味の一番の特徴はごまラー油なのでしょうがないですけどね。

ライスは、「米一粒一粒が立った、コシのある食感が楽しめるごはん」とのこと。最近日清のごはんといえばカレーメシばかり食べていたので普通のごはんを食べるのは久しぶりだったのですが、ルーのあるカレーメシよりも今回の方がごはんとしてのデキは良いんじゃないですかね。硬さのムラが少なかった印象です。それでもやはり、規定のレンジ時間に加えて蒸らす時間を作ったほうがおいしく食べられると思います。

は、「コロ・チャー、かきたまフレーク、ナルト、ネギ」とのこと。カップヌードルに入っているコロチャーですが、これはしっかりチャーハンらしさを演出していておいしかったです。たまごにナルトも存在感あって具は結構賑やかでしたね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
出前一丁らしさを出しつつチャーハンとして成立させている無難なデキでした。ちょっとゴマ油風味が強すぎるのでもうちょっと弱いと良かったかなと感じました。出前一丁のごまラー油が好きならばオススメできる一杯です。

品名:出前一丁 出前坊やのまかないチャーハン
メーカー:日清食品
発売日:2015年2月2日(月)
麺種別:-
かやく・スープ:1袋(秘伝ごまラー油)
定価:税別220円
取得価格:税込199円(マックスバリュ)
製品URL:https://www.nissin.com/jp/products/items/6503

標準栄養成分表
1食99gあたり
エネルギー:382kcal
たん白質:6.6g
脂質:6.3g
炭水化物:74.8g
ナトリウム:0.94g

日清食品HP:https://www.nissin.com/jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加