どうもオサーンです。最近はプロレス好きの女性が増えたようですね。プロレスはたまに見るんですが、新日本プロレスの最近の選手を見ると、ホスト風の髪型の選手がたくさんいて(筋肉隆々なのでホストっぽくはないんですけどね)、明らかに団体の見ている方向が昭和プロレスや平成初期のプロレスファンではないことが伝わってきます。私が好きな天龍選手やベイダー選手が今新日本プロレスのリングに立っても、悪役にしかならないんだろうなーと思うとちょっと寂しいですね。なんだか技が派手だけど痛くはなさそうなんですよね。でも昔のプロレスファンとして、プロレスが復興するのは嬉しいので頑張ってもらいたいです。

今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 えび塩」。麺職人シリーズの新作です。今週はカップヌードルでチリクラブが出ているので、今週の日清食品は甲殻類ウィークですね。





スープは、「えびの香ばしい風味が広がるコク深い淡麗系塩スープ」とのこと。あっさり系のしお味スープで、エビがほのかに香ります。スッキリしていておいしいんですが、食べ進めていくうちにスープのエビの味はあまり感じなくなってきます。あっさり系ですが、ちょっとあっさりすぎかな。麺職人シリーズは全体的にあっさり系のスープが多く、おそらくは麺の味を活かす意図があると思われますが、それにしてももうちょっとこってりに振っても良かったかなと思いました。

は、「"まるで、生めん。" のような、しなやかでコシのある3層ノンフライ中細ストレート麺」とのこと。小麦を強く感じる麺で、ホントまるで生麺ですね。この価格帯でこの麺のクオリティはちょっと他社ではありえないレベルで、ライバルの麺づくりシリーズの麺を凌駕していると思います。スープに比してだいぶ麺が強いのですが、それでも麺自体がおいしいので問題ないです。食感といい味といい完璧です。

は、「ショウガ入りのえび揚げ玉、白髪ネギ、青ネギ」とのこと。スープのエビが途中で消えてしまうため、具のエビ揚げ玉が商品名の「えび塩」たる生命線かと思われます。エビの風味がとても強く、全体的にかなりあっさりしている中で唯一のこってり要素であり、良いアクセントになっていました。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
ちょっとスープがあっさりしすぎているように思いましたが、それでも麺と具のエビ揚げ玉のレベルが高く、なかなかのレベルの商品に仕上がっています。特に麺は相変わらず素晴らしいですね。個人的にはちょっとお湯少なめがオススメです。

品名:日清麺職人 えび塩
メーカー:日清食品
発売日:2015年1月13日(火)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・後入れかやく)
定価:税別180円
取得価格:税込108円(マックスバリュ)
製品URL:https://www.nissin.com/jp/products/items/6463

標準栄養成分表
1食86g(めん65g)あたり
エネルギー:286kcal
たん白質:7.1g
脂質:4.9g
炭水化物:53.4g
ナトリウム:2.0g(めん・かやく0.7g スープ1.3g)
ビタミンB1:0.24mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:146mg

日清食品HP:https://www.nissin.com/jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加