どうもオサーンです。暮れのご挨拶も新年のご挨拶もしないうちにこんなに日が経ってしまいました。普通に仕事してたんであんまり実感ないですが、今年もよろしくお願いします。

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん また食べたくなるラーメン 醤油味」。このブログ4回目の登場です。最初は味にインパクトがなくて好きじゃなかったんですけどねこのシリーズ。でもだんだん良さがわかってきて今に至ります。今回も楽しみです。





スープは、「チキンをベースに、かつお・昆布などの和風だしの旨味と野菜の甘味を合わせた、あっさりとした中にもベースの厚みはしっかりとした醤油味スープ」とのこと。無化調だけあって、さすがに味の濃さは小さく、普段食べているカップ麺は化学調味料によって味が増幅されてるんだなーと実感します。私なんかは口がバカになっているため最初は物足りなさを感じるのですが、食べているうちにじわじわとやわらかいダシの甘さがクセになってきます。他のカップ麺では味わえないタイプのスープなので、カップ麺ばかり食べている私にはかなり新鮮でした。まったく舌に刺さらない味です

は、「全粒粉を練り込んだ、細めのノンフライ麺」とのこと。弾力があるタイプのノンフライ麺で、細めなので麺の主張はそれほど強くないですが、それでもスープがかなり弱いので麺が勝っている印象です。でも麺自体がしっかりおいしいので、スープを助けに麺の味を楽しむ構成になっている感じがしました。全粒粉の麺は色を見ても認識できますが、味も噛んでいくと小麦感が増幅されるというか、普通の麺とはちょっと違う印象でした。この麺の甘さこそが、この商品のおいしさの源泉なのではないかと思います。

は、「先入れ:たまねぎ、白ねぎ、ごま」「後のせ:小ねぎ、唐辛子」とのこと。タマネギ、ネギ、ゴマの存在感を強く感じます。スープが弱いからこそ感じられるもので、スープの無化調が逆に麺や具のおいしさを強調する効果がありました。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★☆☆☆☆(6)
無化調のスープはカップ麺を食べ慣れていると物足りなさを感じますが、無化調でスープが弱いことによって全粒粉麺の甘さやネギやゴマの風味がしっかり感じられ、スープ押しではないジワジワ来るおいしさがあって良い商品でした。以前はカップ麺で健康志向なんてナンセンスだと思ってましたが、こういうのも良いですね。無化調だったり野菜たっぷりだったり、他のメーカーではあんまりやっていないコンセプトなので、東洋水産には今後もこの路線は続けて欲しいです。

品名:マルちゃん また食べたくなるラーメン 醤油味
メーカー:東洋水産
発売日:2014年12月29日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(後入れ液体スープ・かやく・あとのせかやく)
定価:税別200円
取得価格:税込215円(ローソン)
製品URL:http://www.maruchan.co.jp/products/search/2885.html

標準栄養成分表
1食112g(めん70g)あたり
エネルギー:356kcal
たん白質:12.1g
脂質:8.8g
炭水化物:57.0g
ナトリウム:2.6g(めん・かやく0.7g スープ1.9g)
ビタミンB1:0.24mg
ビタミンB2:0.42mg
カルシウム:192mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加