20141125_1.jpg

どうもー、ハンサムです。先日、マクドナルドのシャカチキのレッドペッパー味食べてみました。前に辛いぃぃーと言いながら食べてる人を見かけてからずっと気になっていましたw 感想は・・・辛いとか美味しいとかいう前に、ちょーしょっぱい(泣) あれ、パウダーかけずに食べた事がないのでわからないんですが、素のシャカチキもしょっぱいんですかね? ほんとハンパなかったです。あのしょっぱさがシャカチキレッドペッパーですと言うなら★0ですね…何かの間違いであってほしい(苦笑) ちなみにグラコロデミチーズは美味しかったです。

さて、今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング やきそば極」です。「ペヤング史上最も具材をたっぷりと使用したボリューム感のある商品」「 「極限」をテーマに、今までにないボリューム感と美味しさを極限まで追求」だそうです。ペヤングで極限!なにそれ気になるじゃん!と思ったら…酸辣湯風味…?酸辣湯風味がやたら出来が良かったから極みにしたのか…? ノーマルペヤングの極限版かと思ったのでちょっと複雑な気持ちですw

20141125_2.jpg

20141125_3.jpg

ソースは、「ソースは酸辣湯をイメージし酸味を加えることで、さっぱりと最後まで飽きの来ない味わい」だそうです。なるほど、食べてみると酸味が一番に感じられ、続いて辛さがやってきます。味的には確かに酸辣湯風。でもそれだけで特に何か風味があるとかじゃないです。普通に美味しい。酸っぱ辛いのが好きなら美味しいんじゃないかな。自分はもっと辛い方が好みですかね。ラー油やお酢をちょっと足してみるのもいいかも。

は、いつものペヤングの麺ですかね。今回のソースは麺と混ぜやすくて良かったです。大盛り商品なので麺多めですが、麺が軽い感じなのでさくさく食べられました。また油揚げ麺の風味は全然感じられなかったです。

は、キャベツ、豚肉、ニンジンですかね。具が多いのも売りのようです。確かにいつものペヤング大盛りより多い。ですが、いつもの具です。酸辣湯風味で極限を謳うなら具も酸辣湯風にしてほしかったなと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
酸辣湯風味のペヤング焼そば、という視点から見れば、酸っぱ辛くそれっぽい雰囲気もちゃんとあって美味しかったです。が、今回はペヤング焼そば極。きわみ。なんだか商品名からイメージするものとだいぶ違った感じでちょっと残念でした。自分としては、極とかいうならノンフライ麺とか、具にこだわるとか、ソースにこだわるとか本格志向なペヤングを期待します。これが「ペヤング焼そば 酸辣湯風味」なら何も引っかからなかったんですけどね。何かもやっとした気持ちが残る一杯でした。ご飯との相性はあまり良くなかったです。


品名:ペヤング やきそば極
メーカー:まるか食品
発売日:2014年11月24日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(かやく・ソース)
定価:税別200円
取得価格:税込214円(スリーエフ)
製品URL:http://www.peyoung.co.jp/item/product/60

標準栄養成分表
1食152g(めん110g)あたり
エネルギー:676kcal
たん白質:10.6g
脂質:36.8g
炭水化物:75.6g
ナトリウム:2.0g

まるか食品HP:http://www.peyoung.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加