どうもオサーンです。カメラのメモリカードにトラブル発生で、記事更新が大幅に遅れてしまいました。申し訳ありません。ってか、これはモンハン4Gをやってた影響では決してないです。ホントです!信じてください!w 長く物を使い続けていくと、必ず勤続疲労が起こってくるもので、それでも長く使っているからこっちとしてはあって当たり前の生活の一分になってしまっているわけで、なかなかとっさに対処ができませんね。部屋を見回すと他にもいつ使えなくなってもおかしくない大事なものがチラホラあったりするので、危機管理としていろいろ代替方法を考えておかないといけないですね。

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 麺づくり うまコク醤油味 冬期限定」。定番シリーズの商品ですが、案外このブログではほとんど食べてないですよね。スーパーで買い置いていたものを食べたりすることはよくあるんですけどね。ものすごく久々の麺づくりシリーズの記事になります。





スープは、「チキンとポークの旨味をベースに、野菜の 甘味を加え、唐辛子などの香辛料でアクセントをつけたスープ」で、「背脂を使用した香味油をあわせ、すっきりとした中にもコクのある醤油味に仕上げ」たとのこと。ベースのしょうゆスープはあっさりめで、そこはノーマル麺づくりと共通ですが、それに背脂が入ったことによってこってり感とまろやかさが加わっています。正直、麺づくりのスープは日清食品の麺職人に比べて奥深さが足りないというか、ダシの部分であっさりしすぎていた印象を持っていましたが、背脂はかなりのベストマッチんグだと思いました。

は、「なめらかな口当たりとコシをあわせ持つ、ナチュラルウェーブ製法のノンフライ麺」とのこと。中細のノンフライ麺ですね。ウェーブがかかっているところに麺職人との違いがあります。私はしばらく麺づくりから離れていたので参考になりませんが、今回の麺は今まで食べた麺づくりの麺に比べると、自然になめらかな麺になっていて、生麺に近い感じになっていました。ちょっと寿がきや食品のノンフライ麺を思わせる食感です。個人的には麺づくりの麺は麺職人にだいぶ差をつけられていた印象がありましたが、今回の麺ならばだいぶ追いついているように感じました。

は、「焼豚、メンマ、ねぎ」とのこと。結構たくさんメンマが入っていまいたが、基本このシリーズの具はオマケ程度と考えていいと思います。さすがに170円でこのクオリティのシリーズですから、なかなか具にコストはかけられませんよね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
背脂効果でかなり満足いくスープに仕上がっていたのが印象的な一杯でした。麺がしっとりしていて生麺感覚に近づき、170円の商品としてかなりコスパがよくレベルの高い商品だと思います。このまんま個の商品を現状の麺づくり醤油と替えてもらいたいくらいです。

品名:マルちゃん 麺づくり うまコク醤油味 冬期限定
メーカー:東洋水産
発売日:2014年10月13日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別170円
取得価格:税込102円(マックスバリュ)
製品URL:http://www.maruchan.co.jp/products/search/2858.html

標準栄養成分表
1食101g(めん65g)あたり
エネルギー:330kcal
たん白質:7.8g
脂質:9.9g
炭水化物:52.5g
ナトリウム:2.3g(めん・かやく0.6g スープ1.7g)
ビタミンB1:0.23mg
ビタミンB2:0.30g
カルシウム:172mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加