どうもオサーンです。今年の海外サッカーは日本人選手の活躍で楽しめそうですね。移籍したドルトムントに出戻った香川選手のいきなりの活躍、そしてそれを上書きするかのように本田選手がゴールを決め、岡崎選手も完全にチームのエースストライカーって感じですよね。ワールドカップイヤーが終わった途端に活躍が目立つ当たり、日本のレベルは一流国に比べるとまだまだなのかもしれませんが、今後もっと若手の選手が活躍してくれると、次のワールドカップは期待できそうですね。ユース世代の代表が最近アジアで負けてしまっているのが気になりますが。

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん もち入りカレーうどん でか盛」。でか盛でもち入りですか。なかなかボリューミーな商品ですね。





つゆは、「ポークと魚介の旨味をベースに、粉乳とラードでまろやかさを加えた、後味の優しいカレー風味のつゆ」とのこと。いやー思いのほかマイルドで、ミルクが強いです。ダシとミルクがメインで、カレーの風味はかなり抑え気味でした。カレーうどんとしてはもうちょっとカレーの濃いものを想像してしまうため、ちょっと拍子抜けでした。東洋水産のカレー系のつゆは、全体的にカレーよりもダシが強いものが多いように思います。

は、「コシと弾力の強い、なめらかな太めのうどん」とのこと。これは赤いきつねと同じ麺だと思います。油揚げ麺の風味と縮れが強く、日清のうどんとはタイプの違うもので、ホントにカップ麺らしい麺だと思います。つゆの押しが弱いため麺が勝っていますが、バランスとしては許容範囲でしょうか。

は、「もちもちのレトルト杵つきもち、きざみ揚げ、ねぎ」とのこと。きざみ揚げはそこそこの量が入っていますが、やはりメインはもちですね。もちはごく普通のレトルトもちですが、結構大きいので、麺の量と合わせてかなりボリュームがありました。ただ、もうちょっとつゆが濃いほうがもちもおいしく食べられたんじゃないかと感じました。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
カレーうどんとしては、つゆのカレーがそれほど強くないことが気になりました。ダシとミルクがメインのつゆで、カレーが強くないことで、もちとのバランスがあまり良くないと感じました。ただ、大盛麺の量と大きなもちのお陰で、かなりボリュームがあったので、この量のコスパを含めて★3にしました。

品名:マルちゃん もち入りカレーうどん でか盛
メーカー:東洋水産
発売日:2014年9月15日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(後入れ粉末スープ・粉末スープ・杵つきもち)
定価:税別190円
取得価格:税込201円(ローソン)
製品URL:http://www.maruchan.co.jp/products/search/2772.html

標準栄養成分表
1食147g(めん90g)あたり
エネルギー:612kcal
たん白質:11.2g
脂質:25.3g
炭水化物:84.9g
ナトリウム:3.4g(めん・かやく1.5g スープ1.9g)
ビタミンB1:3.94mg
ビタミンB2:0.36g
カルシウム:206mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加