どうもオサーンです。ハンサム氏とかなり久しぶりにモンハン4をやりました。とは言ってもハンサム氏も久しぶりに3DSの電源を入れたそうで、接触不良でLボタンが操作できず、結局ハンサム氏はベースキャンプ待機で、ブランクがありながら自分一人でイビルジョーさんを倒してきました。なんだかんだ手は覚えているんだなーとは思いつつ、細かいことは忘れまくっているので、4Gが発売されるまでにリハビリを完了させないといけませんね~。

今回のカップ麺は、エースコックの「産経新聞 大阪ラーメン」。以前2年ほど前に売られていた商品のリニューアル品ですが、当時よりサイズが小さくなって190円から170円に変更になっています。以前食べた時はタマネギと昆布の甘さが特徴的だったことをよく覚えています。今回はパッケージにキン肉マンが起用され、キン肉マン世代の私はついつい手が伸びてしまいます。





スープは、「大阪の食文化である『甘辛味』と『始末の心』を取り入れたスープで」、「鶏ガラをベースに、大阪産(もん)の泉州産たまねぎエキスとバイプロダクトのチャーシューだれを加えた特有のコクと旨さをもった甘辛醤油スープ」、「今回は、より甘辛味をたたせるスープの改良を行」ったとのこと。不自然ではない、タマネギやチャーシューだれで甘みを感じるスープで、味の深みとしての甘みが印象的です。以前のものより甘みを際立たせたとのことですが、私には以前のものの方が甘く感じられました。

は、「スープと相性がよく、適度な弾力のあるめん」とのこと。中華そばの麺らしい中細の麺で、相性的にはスープとの相性は悪くないと思いますが、やはり油揚げ麺なので、麺と一緒に食べるよりスープだけ飲むほうがハッキリとスープの甘みの深さがわかるので、このスープはノンフライ麺で食べたい感じがしました。

は、「程よく味付けした肉そぼろ、なると、ねぎ、ふわっと広がる風味の良いとろろ昆布」とのこと。とろろ昆布は相変わらずいい味を出していて、これが加わることによりスープの甘さを増させています。スープのタマネギとチャーシューだれと並び、とろろ昆布もこの商品を印象づけるパーツですね。個人的にはメンマも具に入っていたら良かったなーと思いました。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
スープは今回もタマネギやチャーシューだれ、とろろ昆布によって深みのある甘さがありおいしかったです。ただこのスープは、油揚げ麺だと味が結構ぼやけてしまい、その甘味の真価を発揮しきれないんじゃないかと感じました。でもこの商品は今後もぜひ続けてもらいたいです。

品名:産経新聞 大阪ラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2014年8月11日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく入り粉末スープ・激辛スパイス)
定価:税別170円
取得価格:税込173円(サンクス)
製品URL:http://www.acecook.co.jp/products/detail.php?id=158

標準栄養成分表
1食71g(めん55g)あたり
エネルギー:297kcal
たん白質:6.7g
脂質:10.2g
炭水化物:44.6g
ナトリウム:1.9g(めん・かやく0.6g スープ1.3g)
ビタミンB1:0.23mg
ビタミンB2:0.22mg
カルシウム:150mg

エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加