どうもオサーンです。以前コーヒーにハマってると書きましたが、最近は暑いのでちょっとブームが中だるみ状態で(こんな言葉の使い方があるのかわかりませんが)、今は1日に1~2杯程度インスタントコーヒーを飲むくらいになっています。そんな中、最強のインスタントコーヒー(正確に言うとレギュラーコーヒーも入っているのでインスタントじゃないらしいですが)「ネスカフェ プレジデント」に肉薄するコーヒーを見つけてしまいました!本当はプレジデントだけ飲んでたいんですけど、ちょっと高すぎるんですよね。そのコーヒーは、AGFマキシムの「トップグレード ハイブリッド」というシリーズの2品。これも正確にはインスタントじゃないらしいですが、香りがほんと良いです。名前からして高価な部類のコーヒーなんですが、それでもプレジデントの半値程度で買えるので、これからかなり重宝しそう。

今回のカップ麺は、日清食品の「有名店シリーズ せたが屋 魚だし醤油」。東京にあってすでに名前は全国区の有名店のラーメンの再現品です。以前は札幌のらーめん共和国内に支店があったんですが、自分の中でお店のラーメン店断ちをしていた時期で、ついに行く機会がないまま退店してしまいました。行ってみたかったんですけどね。





スープは、「煮干し、かつお節、宗田節を使った風味豊かな魚介だしに、豚骨と鶏ガラを炊き込んだスープを加えた、旨みあふれる醤油スープ」で、「別添オイルを加えると、魚介の風味がさらに際立」つとのこと。魚介系の味が強いしょうゆスープで、それでいて動物系の味もしっかり感じられます。油揚げ麺の商品でありながらこういうスープの味を再現できるところが日清らしいところで、すごいと思います。かなり本格的な味でおいしかったです。

は、「しなやかな食感で、スープがよく絡む中細ちぢれ麺」とのこと。中細と書いていますが、私的には中細よりはちょっと太いかなと思う太さの油揚げ麺です。スープの魚介が強いからか麺自体の特性からかはわかりませんが、油揚げ麺の風味はそれほど感じられずに食べることができ、スープの邪魔をしている印象はありませんでした。

は、「チャーシュー、メンマ、ネギ、ナルト」とのこと。どれも不足感なく入っていますが、取り立てて特徴はないですね。魚介のスープとメンマがよくマッチしていておいしいということくらいでしょうか。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★☆☆☆☆(6)
185円のタテ型カップ麺で、しかも油揚げ麺で、しっかり本格的です。さすが日清恐るべしです。魚介スープでありながらしっかり動物系も効いていて、おいしいスープでした。この値段でこの味、文句なしです。このシリーズはかなり優秀ですね。

品名:有名店シリーズ せたが屋 魚だし醤油
メーカー:日清食品
発売日:2014年7月28日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(香味油)
定価:税別185円
取得価格:税込178円(マックスバリュ)
製品URL:https://www.nissin.com/jp/products/items/6095

標準栄養成分表
1食99g(めん80g)あたり
エネルギー:439kcal
たん白質:10.7g
脂質:17.0g
炭水化物:60.8g
ナトリウム:2.7g(めん・かやく1.2g スープ1.5g)
ビタミンB1:0.30mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:210mg

日清食品HP:https://www.nissin.com/jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加