どうもオサーンです。プロ野球のオールスターゲームが始まりましたが、私は最近はすっかりきちんと見なくなりました。どうもお祭りムードで勝負の緊迫感が感じられないんですよね。昔見た、清原選手と野茂投手の勝負は面白かった!そして今回は岸投手の直球勝負に凄みが感じられて、これは見ててとても面白かったです。

今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」。今週発売と思われるセブンプレミアムの商品で、製造は日清食品です。この商品、コメント欄で何人かの方々にリクエストを頂いていたので食べてみることにしました。中本の北極ラーメンといえば、もう有名すぎるくらい有名な、激辛ラーメンの金字塔ですね。私は食べたことないですが、いつか食べてみたいラーメンの一つです。





スープは、「辛さの中にうま味を感じられる激辛の味噌スープ」とのこと。まず辛さですが、これはかなり辛いです。日本メーカーのカップ麺としては最高クラスの辛さなのは間違いないです。ただ、際立って最高というわけでもなく、例えば寿がきやの辛辛魚とかエースコックのEDGEと同等程度で、口の周りの間隔を破壊するペヤング激辛やきそばに比べるとちょっと劣るかなと思います。お店の北極ラーメンと同等の辛さは求めてはいけないです。そして味ですが、メインはもちろん強烈な辛みですが、サイドからしっかりとみその味が効いていて、単に辛いだけのスープではなく、なかなか食べ応えあるスープでした。

は、太い油揚げ麺。太くて主張の強い油揚げ麺で、強いスープでありながら油揚げ麺臭がなかなか目立っています。ただ今回はこの油揚げ麺の風味がスープにアクセントを加えておりおいしかったです。個人的に、辛みと油揚げ麺は相性良いと感じています。

は、「味付豚肉、ごま、モヤシ、フライドガーリック、赤唐辛子、ねぎ」とのこと。見た目的に一番目立っているのはモヤシですね。ただあまりシャキシャキしていないので食感的にはそれほどでもなかったかも。むしろフライドガーリックが味的にかなり目立っていました。スープのみそ、油揚げ麺の風味とともに、辛いスープの横支えをしている感じがして、かなり香ばしくて良かったです。あとは豚肉が小さいながらなかなか本格的でした。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★☆☆☆(7)
辛さで有名な蒙古タンメンの北極ラーメンの再現商品ですが、辛さもさることながら、辛さを支えるみそ、ガーリックがかなり優秀で、ただ辛いだけの商品ではなかったところが良かったです。これはかなり人気になりそうな商品ですね。おいしかったです。

品名:蒙古タンメン中本 北極ラーメン
メーカー:セブンプレミアム(日清食品)
発売日:不明
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(極辛オイル)
定価:税込181円
取得価格:税込181円(セブンイレブン)
製品URL:http://www.sej.co.jp/sej/html/products/7premium/2010/381107.html

標準栄養成分表
1食84g(めん60g)あたり
エネルギー:385kcal
たん白質:8.8g
脂質:16.8g
炭水化物:49.7g
ナトリウム:2.1g(めん・かやく0.9g スープ1.2g)
ビタミンB1:1.08mg
ビタミンB2:0.19mg
カルシウム:112mg

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加