どうもオサーンです。毎週大河ドラマの軍師官兵衛を見ていて、黒田官兵衛の野心家とか黒い一面を演じるには主演がさわやかすぎるなーと思ってたんですが、いやいや、最近はどんどん黒い官兵衛がにじみ出てきていて楽しくなってきました。あの役者さんやりますな。それにしても・・・家康の年齢が本来年長者であるはずの信長の倍くらいありそうな見た目で(実際役者さんの年齢それくらいですよね?)違和感。明らかに悪い家康のキャラクターが今後楽しみではありますが。

今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードルライトそうめん」。ライトの新商品はずいぶん久しぶりなような。



スープは、「鶏をベースにシイタケのだしとアサリ、昆布のうまみを利かせた和風鶏スープ」とのこと。ずいぶんとあっさりというか、パッケージの見た目からあっさりなんだろうな~とは思ってましたが、まさかここまでとは。あっさりというよりちょっと枯れているような印象を持ちました。それでも鶏ダシは比較的しっかりしていますが、他のものはあまり感じませんでした。

は、「小麦粉の香りとしなやかな麺質にこだわった新開発のそうめん」で、「HOT調理では湯のびしにくく、ICE調理ではしっかりとしたコシのある食感」とのこと。ノーマルのカップヌードルシリーズと違いカップヌードルライトはノンフライ麺なんですが、この商品もノンフライのそうめん、これは本当にそうめんそのものでした。そうめんなので細いんですが、食べているうちにはまったくノビなかったです。そして小麦の香りが強く、弱いスープをかなり食ってしまっている印象でした。麺はおいしいけどスープと比べてちょっと強いのかなと思います。

は、「炭火焼チキン、スクランブルエッグ、ネギ、花かまぼこ、ショウガ」とのこと。結構日清のいろんな商品に入っている炭火焼チキンはおいしいです。あっさりなスープの中にあって炭火焼チキンの味はかなり映えています。これのためにスープをあっさりにしているのかとさえ思えます。そしてショウガ。麺をすすっている間、実はこのショウガの味が最も強いです。かなり目立っています。夏らしくさわやかな味に仕上がっている反面、ちょっと目立ち過ぎかなとも感じられました。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
スープの鶏とショウガが味を決めている一杯。小麦の強いそうめんとの相性はイマイチと感じましたが、夏らしいさわやかさがあります。また、そうめんはなかなかおいしかったので、ぜひ他の味でも食べてみたいです。カップヌードルの変わり種として面白い商品でした。

品名:カップヌードルライトそうめん
メーカー:日清食品
発売日:2014年7月7日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:袋なし
定価:税別170円
取得価格:税込128円(マックスバリュ)
製品URL:https://www.nissin.com/jp/products/items/6094

標準栄養成分表
1食59g(めん50g)あたり
エネルギー:198kcal
たん白質:7.6g
脂質:1.8g
炭水化物:34.2g
食物繊維:7.1g
ナトリウム:1.5g(めん・かやく0.7g スープ0.8g)
ビタミンB1:0.20mg
ビタミンB2:0.22mg
カルシウム:104mg

日清食品HP:https://www.nissin.com/jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加