どうもオサーンです。先日、エゾシカの肉を食べました。生態系を崩すほど繁殖しているので、積極的に食することを推奨されているのですが、これがどうしてなかなか見かけない。やっと食べる機会に恵まれました。さすが野生の獣肉だけあってクセが強いですが、それでもなかなかおいしかったです。量を食べるならニンニクとかショウガとかで臭みを消すほうが良さそう。

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 富士郎 辛豚骨醤油ラーメン」。以前出ていた「サッポロ一番 富士郎 豚骨醤油ラーメン」の辛バージョンですね。期待大です。





スープは、「数種のポークエキスと背脂風味の豚脂に、うまみの強い濃縮醤油を合わせ、ガーリックのコクと風味をきかせ」た、「豆板醤、コチュジャン、唐辛子で深みのある辛さを加えた豚骨醤油スープ」とのこと。平たく言えばガーリック風味のとんこつしょうゆ、辛さはそれほど感じません。正直ピリ辛以下です。以前食べた「富士郎」に比べるとスープに迫力がなく、全体的に薄い印象を受けました。これはむしろお湯の量がおかしかったかな。

は、「しっかりとした食感の食べごたえある太麺で」、「スープとの馴染みをよくするため、醤油を練りこ」んだとのこと。厚みがあってかなりもちもちした麺です。縮れているので二郎っぽくはないですが、重みのある麺です。今回はスープがそれほどインパクトが強くなかったので、麺がかなり浮いている印象でした。

は、「キャベツ、そして山盛りの辛い揚げ玉を富士山に見立て」たとのこと。具はかなり凄まじいです。キャベツの量が相変わらずハンパないです。そして今回は揚げ玉がたくさん入っています。辛くは感じませんでしたが、こってり感は十分醸し出していました。

オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
前回の「富士郎」に比べるとどうにも解せない中途半端なコッテリさでした。辛さもそれほど感じませんでした。そして麺が強いためスープとのバランスが悪く感じられました。ひょっとするとお湯の量がおかしかったのかもしれません。というのも、お湯を入れる前から麺がお湯を入れる線の上まできていて、押し込んでも麺が動かず、どこまでお湯を入れて良いのかちょっと悩んだからです。それでも適切に入れたつもりでしたがダメだったのかもしれません。具の量の多さだけが救いでした。いつもそうですが、今回は特に参考にしないでくださいね。

品名:サッポロ一番 富士郎 辛豚骨醤油ラーメン
メーカー:サンヨー食品
発売日:2014年6月23日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(あといれ液体スープ・特製スープ)
定価:税別220円
取得価格:税込234円(ローソン)
製品URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0369.html

標準栄養成分表
1食142g(めん90g)あたり
エネルギー:604kcal
たん白質:11.8g
脂質:25.0g
炭水化物:82.9g
ナトリウム:3.3g(めん・かやく1.0g スープ2.3g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:390mg

サンヨー食品HP:http://www.sanyofoods.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加