どうもオサーンです。ジャスタウェイ勝ちましたね。残り100mあたりの伸びがすごかったですが、この展開で負けないとなると、取りこぼしとかは今後あまり考えなくて良い馬になってしまったのかもしれません。安田記念で見せたかったスピードは残念ながら馬場の影響で見せられませんでしたが、類まれなる勝負根性を見せつけた点で、この馬の引退後のことを考えると価値あるレースだったのではないかと思います。レース後の疲れから宝塚記念は回避するようですが、すでに天皇賞秋やドバイDFを勝っている馬にとって2200mの宝塚記念は1600mの安田記念ほどの価値はないと思うので、なんとか無事に海外遠征に行ってもらいたいものです。

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん ラーメン凪 豚王 辛ダレ豚骨」。関東や海外に数点の店舗を持つ「ラーメン凪」のお店の一形態が「豚王」で、今やすっかり定番のラーメン屋さんですね。





スープは、「ポークをベースに、辛ダレ風の特製スープを合わせた辛ダレ豚骨スープ」とのこと。豚の味がきちんと感じ取れるスープですが、とんこつ感はイマイチかな。お店のスープは濃いけどクセのないとんこつスープのようなので、こんな感じなんでしょうか。辛ダレの存在感がそれほどなかったのでもうちょっと出張っても良いんじゃないかと感じました。良い意味でも悪い意味でも無難に仕上がっているスープでした。

は、「歯切れの良い極細ノンフライ麺」で「ナチュラルウェーブ製法」とのこと。縮れているのであまりとんこつラーメンの麺って感じはしません。他社のようにストレート麺を作ることを東洋水産は頑なに拒否しているように思えます。高価格帯の商品はいかなる時もナチュラルウェーブ製法ですね。これがハマるスープの時は良いのですが、今回のようなとんこつスープの時はもうちょっと違う麺があっても良いんじゃないかと思います。

は、「FD焼豚、きくらげ、ねぎ」とのこと。チャーシューは日清の乾燥チャーシューほどのボリュームはないものの、それなりにジューシーで良かったです。東洋水産の高価格帯でたまに出てくるレトルトのチャーシューよりずっとおいしいです。キクラゲはそれほど量はなかったですがコリコリしていておいしかったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
どの部分がこのお店の、そしてこの商品の売りなんだか、ちょっとわからない一杯でした。総じておいしいのですが、もっと何か特徴的な部分をクローズアップしても良かったんじゃないかと思います。高価格帯の商品なのでこの評価で。

品名:マルちゃん ラーメン凪 豚王 辛ダレ豚骨
メーカー:東洋水産
発売日:2014年6月9日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(後入れ液体スープ・粉末スープ・特製スープ・かやく)
定価:税別240円
取得価格:税込257円(セイコーマート)
製品URL:http://www.maruchan.co.jp/products/search/2743.html

標準栄養成分表
1食127g(めん70g)あたり
エネルギー:475kcal
たん白質:14.9g
脂質:18.2g
炭水化物:63.0g
ナトリウム:3.0g(めん・かやく1.0g スープ2.0g)
ビタミンB1:0.28mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:323mg

東洋水産HP:http://www.maruchan.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加