どうもオサーンです。いよいよ今週は世界を驚愕させたジャスタウェイの凱旋レース安田記念ですね。圧巻のドバイから数ヶ月、ここと宝塚記念を使って凱旋門賞に行く予定?らしいですが、果たしてどんなレースを見せてくれるのか。マイル戦でスピードを見せつけることができれば、種牡馬としての評価もさらに上がりそうですね。ファン視点では凱旋門賞がハイライトかもしれませんが、種牡馬の価値を決定づけるためには同じくらい大事なレースになる気がします。

今回のカップ麺は、日清食品の「老舗の逸品 総本家 更科堀井監修 鴨つくねそば」。東京麻布にある老舗のおそば屋さんの再現モノのようです。





スープは、「サバ、カツオ、昆布などのだしのうまみを利かせた深いコクのあるつゆ」に別添で「上品な香りが特徴の鴨の特製香味油」とのこと。鴨の香味油が付いていますが、それを入れてもサバやカツオのほうが強いように思います。どん兵衛のそばつゆに比べると甘みの少ないつゆで、日清のタテ型そばではよくある味ですね。お店の味は食べたことないのでよくわかりませんが、つゆはお店の影響をそれほど受けていないように思います。

は、「細めに仕上げた、しなやかでのどごしのよいまっすぐなそば」とのこと。どん兵衛の麺に比べると一回り細いですね。香りもよく、油揚げ麺なのにしっかりそばの風味です。ストレートなので本物のそばっぽい高級感があります。

は、「鴨つくね、甘くてやわらかい大ぶりの白ネギ、ゆずフレーク」とのこと。「鴨つくねそば」との商品名通り、具が一番の売りの商品だと思います。鴨つくねはしっかりつくねの食感でかつジューシーでおいしかったです。また、ゆずの香りが甘みの少ないつゆにきちんとマッチしていておいしかったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
鴨つくねとゆずが印象的な一杯でした。ゆずの香りが品の良さを感じさせ、同じ日清のどん兵衛そばとは別の味わいとなっています。個人的にはどん兵衛の方が好きですが。

品名:老舗の逸品 総本家 更科堀井監修 鴨つくねそば
メーカー:日清食品
発売日:2014年6月2日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(鴨の特製香味油)
定価:税別185円
取得価格:税込172円(ローソン)
製品URL:http://www.nissin.com/jp/products/items/6040

標準栄養成分表
1食93g(めん72g)あたり
エネルギー:441kcal
たん白質:10.3g
脂質:21.2g
炭水化物:52.3g
ナトリウム:2.2g(めん・かやく0.7g スープ1.5g)
ビタミンB1:0.28mg
ビタミンB2:0.23mg
カルシウム:113mg

日清食品HP:http://www.nissin.com/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加