どうもジェノック第6小隊隊長オサーンです。トワイライトエクスプレスが来年3月で終了だとか。私はJR札幌駅をよく利用するのでトワイライトエクスプレスや北斗星、カシオペアの姿をよく見るのですが、どれも飛行機を利用してしまうため乗ったことはなく、いずれ乗ってみたいとは思っていました。推理小説の舞台になったりもして、乗ったことはないものの親近感は持っていたのでかなり寂しい。最後のあたりはただでさえ取りにくい券がさらに取りづらくなるんでしょうね。

今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル ブラジリアンチキンヌードル」。カップヌードル、チキンラーメン、UFOの3品でブラジルを冠した商品が発売されていて、今回のカップヌードルはその1つです。



スープは、「グリルチキンの香ばしい風味が特徴のチキンベースのスープで」、「オレガノ、バジル、ブラックペッパー、クミン、コリアンダー、ターメリック、パプリカなどのスパイスとハーブを加え、スパイシーな味わいに仕上げ」たとのこと。赤い色をしたスープですが、トマトではなく香辛料やレッドベルのようです。チキンベースに香辛料とハーブ系の香りづけがしてあり、ピリ辛です。ちょっと全体的にインパクト不足ですかね。いろいろ入っていることがわかる味ではあるのですが、核となるものがないように感じられました。もうちょっとグリルチキンの味が前に出てくると良かったんですけどね。

は、「カップヌードルならではのしなやかでつるみのある麺」とのこと。いつものカップヌードルの麺ですね。今回のスープともしっかり馴染んでおり相性抜群です。どんなスープにもたいていマッチする相変わらずの万能麺です。

は、「炭火焼チキン、キャベツ、レッドベル、スクランブルエッグ」とのこと。具は結構豊富です。チキンは炭火焼き感はイマイチでしたが、味が濃く大きいので食べ応えがありました。また、キャベツやレッドベルといった野菜もたくさん入っているように感じられました。カップヌードルのシリーズは容器は小さいですがいつも具を頑張っていますね。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
スープにもう少し主張が欲しかったことろですが、全体的に見ると悪くないデキだと思います。こちらの商品はワールドカップライセンス商品ではないですが、それでも気分は高まりますねぇ。街を歩いていても結構ブラジル料理や食品を扱っているのを多く見かけます。異国の文化を知る1つのきっかけとして有効利用したいですね。

品名:カップヌードル ブラジリアンチキンヌードル
メーカー:日清食品
発売日:2014年5月26日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別170円
取得価格:税込127円(マックスバリュ)
製品URL:http://www.nissin.com/jp/products/items/5998

標準栄養成分表
1食74g(めん60g)あたり
エネルギー:328kcal
たん白質:9.2g
脂質:12.3g
炭水化物:45.3g
ナトリウム:1.7g(めん・かやく0.8g スープ0.9g)
ビタミンB1:1.01mg
ビタミンB2:0.24mg
カルシウム:95mg

日清食品HP:http://www.nissin.com/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加