キリンビバレッジから新発売になった「濃い生茶」をさっそく飲んでみました。

「お~いお茶」とは違って、「生茶」は苦くない渋くないことを売りにしているようですが、この「濃い生茶」も味は濃いのに苦くなく甘さを前面に出した、「お~いお茶 濃い味」のカウンターパート的な役割を担った商品かと思われます。

でも私は、苦さがあってこその緑茶だと思っており、「お~いお茶 濃い味」と比較してしまうと物足りなさを感じずにはいられません。でも、苦くないお茶が好きな層は確実に存在していると思うので、「濃い生茶」はそういう人にとってはなかなかいい商品なのではないでしょうか。宣伝文句は「濃くて甘い味」なのですが、まさにそのとおり、かなり甘さを感じます。ただどうなんでしょう、これから暑くなって、苦さを求めずに喉を潤したい場合、ノーマルな「生茶」の方が向いてる気はしますよね。苦くはなく、さりとてさらっとはしてなく、コンセプトとして少々中途半端かなという感はあります。


スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加