どうもオサーンです。日清食品グループの日清食品と明星食品が、今後カップ麺製品の賞味期限を1ヶ月伸ばすそうですね。ニュースによると、「まだ食べることができるにもかかわらず捨てる『食品ロス』の削減に貢献することが目的」とのこと。私はこのようなブログをやっているため、気に入ったカップ麺があれば溜め置きして食べることが多く、よく賞味期限が過ぎてしまったカップ麺を食べることがあります。経験上、成分の変質的なことはわからないですが、味的にはノンフライ麺、油揚げ麺とも3ヶ月くらいなら期限切れ前と変わらない味で食べることができます。半年を過ぎてくるとやや酸化した味が気になり始めるって感じですかね。いやもちろん感じ方には個人差がありますし、メーカーが指定している賞味期限は守るべきですよ。でも無駄をなくすという観点において素晴らしい決断だと思いました。

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」。このブログ5回目の登場です。たぶん最多ですね。毎年リニューアルされる度に注目される商品なので、これ目当てでここにいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。





スープは、「豚骨ベースの動物系スープに特製ラー油を加えた濃厚辛口醤油豚骨スープ」で、「別添に魚粉と唐辛子の後入れ粉末付」とのこと。強い辛みと太い魚介味のバランスが本当によくとれたスープです。激辛なのに他の味もしっかりしていて、とても良いバランスだと思います。昨年の「辛辛魚」に比べると、より魚粉の味が強くなったのと、魚粉の味が強くなったことによるのか単に弱くなったのかはわかりませんが多少辛みが弱くなったかなーという印象を受けました。今までの辛辛魚のスープで一番かなと感じました。うまいです。ただ、辛いものが苦手な方は絶対食べない方が良いです。辛いものが苦手でも得意でもないという方も食べない方が良いレベルです。辛いもの大好きって人が満足できるレベル、激辛マニアの方の満足できる下限レベルくらいには達している辛さです。

は、「全粒粉を配合したコシと弾力のあるノンフライ太めん」とのこと。麺は昨年までの辛辛魚と同じですかね。全粒粉が入っていることは言われてみないとわからないレベルですが、太めの麺で強い辛さのスープの中で埋没はしていないので、バランスは悪くないと思います。

は、「ネギ、唐辛子」とのこと。前回までの具から海苔が消えました。もともと少ない具でしたが、さらに貧弱になりました。まぁあれですね、スープにインパクトがありすぎるので全然気にならないです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★☆☆☆(7)
前回食べた時も★7にしようか★6にしようかかなり悩んだ挙句に★6にしたのですが、今回は思い切って★7にしてしまいました。すっかりカップ麺業界の風物詩として、この時期にこれを食べるのを楽しみにしている方が多いと思います。今後もぜひ続けて欲しいですね。

品名:麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん
メーカー:寿がきや食品
発売日:2014年1月27日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく入スープの素・後入れ粉末)
定価:税別256円
取得価格:税込268円(サンクス)
製品URL:http://www.sugakiya.co.jp/products/sokuseki/soku_n_8144.html

標準栄養成分表
1食136g(めん75g)あたり
エネルギー:498kcal
たん白質:15.0g
脂質:17.4g
炭水化物:70.3g
ナトリウム:2.7g(めん・かやく0.8g スープ1.9g)
カルシウム:133mg

寿がきや食品HP:http://www.sugakiya.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加