どうもオサーンです。いや、本田△フィーバーが大変なことになってますね!日本人が名門ミランに入団することもすごいし、その上エースナンバーの10番まで背負うのはもう感無量の域なんですが、ここまで騒がれてしまって活躍できなかった時のことを思うとちょっと心配ですね。我らがエースなのでそれなりにやってくれるとは思いますが、バロテッリとFKやPKの取りあいで喧嘩になったりしないかとか、持病の腰痛が悪くなっちゃったりしないかとか、ネガティブシンキングな私オサーンとしてはこれ以上騒いでやってくれるなと思ってしまいます。でも本田選手はそのプレッシャーを楽しんでいるフシがありますよね。いやー大物だー。

今回のカップ麺は、エースコックの「タテロング 池袋大勝軒 カレー中華そば」。毎度おなじみのエースコックの「大勝軒」シリーズです。今回は「創業当時のメニュー」であるカレー中華そばとのことですが、そんなメニューがあったの初めて知りました。歴史あるお店は奥深いですねぇ。





スープは、「牛や鶏・たまねぎの旨みを閉じ込めた固形ルゥと、カツオやサバなど魚介の風味豊かなスープを使い、池袋大勝軒カレー中華のスープを再現」、「ガーリックや胡椒をしっかり効かせることで、コクがありながらも最後まで飽きの来ない味わいに仕上げ」たとのこと。固形ルー入っちゃってるよ!これは濃すぎてやばいんじゃないか!と思いましたが、実際食べてみると、それほど濃くはないカレーの味の奥に広がる中華そばの魚介やメンマの風味が心地よいスープです。カレー南蛮でのかえしのごとく、奥から普通のラーメんの味がするというのは、カップ麺ではありそうでなかった味なのではないかと思います。そんな派手ではないんだけどジワジワおいしかったです。

は、「適度な弾力としなやかさを併せ持つ太めん」とのこと。そんな濃くはないとはいえカレーの味の主張は強く、今回の麺は油揚げ麺でそれなりの太さがあることで、スープとの相性は悪くなかったです。

は、「ほくほくとしたポテト、程よく味付けした肉そぼろ、メンマ、色調の良いねぎ、人参を加えて仕上げ」とのこと。ポテトはそれなり、肉やネギはオマケみたいな感じでしたが、メンマはスープとの相性バッチリです。なんかメンマ入っているといつも絶賛している気が。これ単に私がメンマ好きなだけかもwでも大勝軒のスープって実はメンマが生命線だと思ってるのは私だけではないはず。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
フタ開けて固形ルーが見えた時はどうなることやらと思いましたが、カレーの味と地のスープのバランスの良い一杯でした。派手さはないけどホッとする味と言っていいでしょう。なんかこのシリーズは結構「創業当時の味」みたいなのが出てきますが、まだネタはたくさんあるんですかね?今後の登場が楽しみです。

品名:タテロング 池袋大勝軒 カレー中華そば
メーカー:エースコック
発売日:2013年1月6日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別190円
取得価格:税込195円(セブンイレブン)
製品URL:http://www.acecook.co.jp/products/4901071226688.html

標準栄養成分表
1食107g(めん80g)あたり
エネルギー:484kcal
たん白質:11.3g
脂質:21.2g
炭水化物:62.1g
ナトリウム:2.3g(めん・かやく0.7g スープ1.6g)
ビタミンB1:0.43mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:225mg

エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加