どうもオサーンです。ジャイアンツ大竹投手の人的補償でカープへ行くのは一岡投手になったようですね。正直言って、これだけ期待できる若手投手もなかなかいないというレベルの選手を放出とはちょっと意味わかりません。なぜプロテクトしなかったのか。2軍では群を抜く存在だったし、今年は1軍でも相当やれそうだと思っていたのでガックリきてしまいました。私なら仮に10人しかプロテクトできなくても守る必要のある選手なんですけどね。決まったものは覆らないのだから、一岡投手の新天地での活躍に大いに期待しましょう!

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 ラーメン紀行 徳島中華そば」。新シリーズの「ラーメン紀行」第1弾商品ですが、明星のHPを見ると、この商品に関して明星食品社長と徳島県知事による共同の記者会見が見ることができます。社長自らの登場に加えて県知事まで引っ張りだすなんて、この商品はかなり気合入ったものだということがわかります。





スープは、「甘辛く煮た豚肉の旨みをベースに豚骨を合わせ、醤油と香味野菜で味を調え、徳島中華そばの特徴を再現した、甘辛く濃厚な豚骨醤油スープ」で、「豚の旨みがたっぷり詰まった別添の調味油を合わせると、豚バラ肉を煮込んだような味わいと風味が加わり、コクのある後引く味わいがクセになる美味しさのスープに仕上げ」たとのこと。濃いしょうゆと豚の旨味が前面に出てくる強烈なスープです。特に豚脂の風味が強く、食べてすぐこれが徳島ラーメンの特徴なんだなーとわかる味になっています。こってり好き、豚好きならば大満足な味だと思います。

は、「厚なスープによく絡む、しなやかでつるみのある、徳島中華そばらしい、やや黄色みを帯びたノンフライ中細麺」とのこと。粉っぽさを感じる、まさに中華そばって感じの麺です。スープ乗りはそんな良くないですが、スープが強烈なので問題なく調和がとれています。190円のタテ型商品での麺の質では明星は他社をリードしている感じがありますね。

は、「チャーシューチップに、シャキシャキのもやし、彩りを添えるネギを取り合わせた、徳島中華そばをイメージさせるシンプルな具材」とのこと。徳島ラーメンの特徴的な具であるもやしはしっかりおさえていますが、全体的にそんなインパクトある具はなかったです。量も多くないですね。せめて細切れチャーシューがもうちょっとおいしかったら良かったのですが、スカスカした食感のチャーシューでした。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★☆☆☆☆(6)
鳴り物入りで登場した新シリーズ「ラーメン紀行」ですが、しっかり好スタートを切ったと見て良いと思います。徳島ラーメンらしさをしっかり出せているし、今後のご当地ラーメンにも期待が持てそうです。とても良い商品でした。

品名:明星 ラーメン紀行 徳島中華そば
メーカー:明星食品
発売日:2013年12月23日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:1袋(調味油)
定価:税別190円
取得価格:税込195円(ローソン)
製品URL:http://www.myojofoods.co.jp/products/product_detail.html?id=4902881426923

標準栄養成分表
1食85g(めん65g)あたり
エネルギー:320kcal
たん白質:8.8g
脂質:6.3g
炭水化物:57.1g
ナトリウム:2.6g(めん・かやく0.8g スープ1.8g)
ビタミンB1:0.35mg
ビタミンB2:0.29mg
ビタミンB2:124mg

明星食品HP:http://www.myojofoods.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加