どうもオサーンです。イーグルスの田中投手の大リーグ移籍に大きく影響を与える新ポスティングシステムが入札上限額を20億円にすることで決着しそうですね。入札額が抑えられることによって所属球団(田中投手の場合はイーグルス)に入るお金が減り、田中投手自身の年俸は増えることになりそう。でも所属球団がポスティングでの移籍を渋る場面が増えそうです。これによって選手として全盛期に大リーグに挑戦できず、FA取得後の力が落ちてきた時に行かざるをえない場合が多くなりそう。選手の側からしたら年俸の上がる可能性はあるもののあまり良い条件変更には思えませんね。所属球団がポスティングを認めずに制度が形骸化するならば日本のプロ野球を介さずにアマチュアからメジャーを目指す場合が増えそうで、結果的に日本のプロ野球の力が弱くなってしまうような気がします。私自身ポスティングの新制度について特に賛成でも反対でもないですが、この新制度になってもホイホイ選手を出してしまうのは日本の球団がナメられているようであまり良いとは思えません。

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 塩らーめん ガーリックバター風味 タテビッグ」。





スープは、「スープはチキンと野菜の旨み、そして特徴ある香辛料の風味をきかせたいつもの味わい」に「ガーリックバターの風味をプラス」し、「ガーリックの香りとバターのまろやかなコクが広がる味わい深い『塩らーめん』に仕上げ」たとのこと。ど安定の定番袋麺の味に、ガーリックバターの風味がやわらかい感じで加わっていて、味を壊しておらず良いバランスだと感じました。そして、パセリの風味が上品さを醸し出していて良いアクセントになっていました。

は、「袋めんの食感を再現」とのこと。麺は残念ながら袋麺のものとはだいぶ違うように感じられました。スープがやわらかいのと相まって油揚げ麺臭を強く感じ、少々スープの味を邪魔していました。食感もやや厚めの麺で袋麺に比べると硬さを感じます。

は、「キャベツのシャキシャキとした食感とポークダイスの旨みが食欲をそそり、さらにフライドガーリックの香ばしさとコーンの甘みが、風味豊かな定番の味をさらに引き立て」ているとのこと。キャベツとコーンがかなりたくさんです。やや甘みのある具に振り過ぎてるかなとは思いますが、ボリューム感があって良かったです。

オススメ度(標準は3です)
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
スープだけなら★5。麺とのバランスの悪さを感じたので★1つ落としました。でもこれは安心して食べられる味です。最近は正麺やラ王袋麺に袋麺盟主の座を明け渡した感のあるサンヨー食品ですが、やっぱりど安定の味でこれはこれで良いものですね。

品名:サッポロ一番 塩らーめん ガーリックバター風味 タテビッグ
メーカー:サンヨー食品
発売日:2013年12月2日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(仕上げの小袋)
定価:税別190円
取得価格:税込195円(ローソン)
製品URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0331.html

標準栄養成分表
1食96g(めん72g)あたり
エネルギー:429kcal
たん白質:8.5g
脂質:17.4g
炭水化物:59.7g
ナトリウム:2.6g(めん・かやく0.9g スープ1.7g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:200mg

サンヨー食品HP:http://www.sanyofoods.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加