20131029_1.jpg

どうもー、ハンサムです。今回のカップ麺は、マルタイの「清陽軒監修久留米ラーメン」です。清陽軒というのは、昭和27年から続く久留米ラーメン屋さんのようですね。写真を見ると濃厚そうで美味しそうです。お店メニューの焼飯がかなり気になる…。

20131029_2.jpg

20131029_3.jpg

スープは、「あっさりながらもコク深いとんこつスープ」「背脂ベースの調味油をお召し上がり直前に加えると、スープの旨みと甘みが一層引き立ちます」だそうです。確かにあっさりな豚骨スープです。豚骨臭さもなく、甘みのある豚骨風という印象です。あまり特徴が感じられないスープなので油揚げ麺の風味がスープに影響してしまって、良くも悪くもカップ麺らしい仕上がりになっています。麺を食べ終えてからスープだけ味わっても、あまり印象に残る感想は思い浮かびませんでした。

は、「九州ラーメンの特徴である香りと旨みを醸し出す2種類のポークエキスをブレンドし、「清陽軒」風のあっさりしていながらもコク深いとんこつスープ」「栄養のバランスを考え、カルシウムを強化」よく見る縮れた油揚げ麺ですね。3分ちょうどで食べ始めると、フカフカ麺で主張が強く、スープの味がよくわからない感じですが、5分くらい経つと落ち着いて歯切れのいい感じに変わります。この辺は好みだろうけど。5分経って食べやすくなりますが、油揚げ麺の風味が変わるわけではないです…スープとの相性はあまり良くないように思えました。

は、「久留米ラーメンの特徴である「カリカリ(背脂チップ)」を連想させる豚脂風味フレークに、焼豚チップ、ねぎ、キクラゲ、メンマを加え、「清陽軒」のラーメンを再現」だそうです。具はほとんど下に沈んでしまって、最後にすくって食べる感じでした。どの具も食感がしっかりあって食べるのは面白かったです。

オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
味の好みが影響しているかもしれませんが、甘みのある豚骨風スープなだけという印象しか残らなかったのと、麺とスープの相性が良くなかったのと、税抜195円というちょっと高めの値段から★2にしました。お店のラーメンを食べた事がないのでアレですが、きっとコクや旨みがもっとあるんじゃなかろうか…。ご飯との相性は普通でした。

品名:清陽軒監修久留米ラーメン
メーカー:マルタイ
発売日:2013年10月28日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:後入れ調味油
定価:税別195円
取得価格:税込195円(スリーエフ)
製品URL:http://www.marutai.co.jp/products/cup/post_104.php

標準栄養成分表
1食107g(めん80g)あたり
エネルギー:489kcal
たん白質:13.4g
脂質:22.7g
炭水化物:57.8g
ナトリウム:2.1g(めん・かやく0.6g スープ1.5g)
カルシウム:238mg

マルタイHP:http://www.marutai.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加