どうもオサーンです。来年4月から消費税が8%になるそうで。高齢化社会が進行していく中でしょうがない部分はありますが、我々は有権者&納税者としてその税金がどう使われるかきちんと見ていかないといけませんね。納税するからには我々が豊かに生活できる社会にならないと意味ないですから。

今回のカップ麺は、エースコックの「茹でたて名人 コク醤油らぁ麺」。以前エースコックは「革麺」というブランドで「多加水ノンフライ麺」にチャレンジしてましたが、230円という値段がちょっとネックに感じていました。今回はこの商品を190円で出して多加水ノンフライ麺に再チャレンジしてきたので、期待大です。





スープは、「ポークベースに、ガーリックとジンジャーをバランス良く効かせ、別添の調味油でラードの厚みのある味わいを加えたコクのある醤油スープ」とのこと。表面のラードの効果でこってり感はあるものの、基本はあっさりめのおとなしいしょうゆ味です。豚脂の味がジワジワ効いて、あっさりながら深みを感じるスープでおいしかったです。もうちょっとこってりに振る方が私の好みではありますが、主役は麺である商品と考えるとこれくらいで良いのでしょうね。

は、「モチモチ生麺食感の多加水ノンフライめん」とのこと。食感が自然なもちもち感で、190円の商品の麺としてはクオリティ高いと思います。日清麺食人と20円差ですが、これくらいの差ならこの商品もありかなと思えます。エースコックのノンフライ麺ってそれほどおいしい印象なかったですが、この麺が他の商品でも使われると品質が底上げされるなーと感じました。あとはこのクオリティを維持したまま太さの違う麺のバリエーションができるかどうかですね。

は、「程良く味付けした焼豚、メンマ、わかめ、なると、ねぎ」とのこと。特にこれといった特徴はないですが、190円の商品としてはなかなか賑やかな具だと思います。地味にわかめがスープとよくマッチしていたと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
麺のおいしさを売りにした商品で、できれば麺食人や麺づくりと同様に170円で出してもらいたかったところですが、それでも価値ある商品だと思います。このクオリティの麺がエースコックの高価格帯他商品でも使われると、油揚げ麺商品だけではなく高価格帯でも他社に対抗できる品質になるんじゃないかと期待できます。

品名:茹でたて名人 コク醤油らぁ麺
メーカー:エースコック
発売日:2013年9月30日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(後入れ粉末スープ・かやく・調味油)
定価:税別190円
取得価格:税込195円(ファミリーマート)
製品URL:http://www.acecook.co.jp/products/4901071234973.html

標準栄養成分表
1食76g(めん60g)あたり
エネルギー:285kcal
たん白質:6.3g
脂質:6.8g
炭水化物:49.7g
ナトリウム:1.9g(めん・かやく0.5g スープ1.4g)
カルシウム:160mg

エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加