どうもオサーンです。なんだか更新が遅れてしまって大変申し訳ありません。以前もちょっと書きましたが、ここ2ヶ月弱くらい、とても忙しく生活しており、今回はいつも行くコンビニやスーパーで新商品が見つからず、探しに行く時間と気力を確保することができずにこんなことになってしまいました。あと1週間くらいでこの忙しい生活にかたをつけるつもりなので、そしたら何をしていたのか書きたいと思います。いや、終わるまでは恥ずかしくて書きたくないことで、終わったら笑い話にできるかな~と思ってるだけなんですけどね。ここ数年で最大の試練を迎えているオサーンなのでありますハイ。

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 究麺 新横浜ラーメン博物館 バリカタとんこつ担々麺」。この商品、もっとあっさり見つかると思ったんですけどね、なかなか見かけることができませんでした。ハンサム氏は速攻で見つけているので、多分自分の周りだけあまりなかったのではないかと思いますが。





スープは、「乳化感の強いポークをたっぷり使用したスープベースに、花椒(ホアジャオ)などの香辛料、ごま(すりごま、ねりごま)を加えたラー博オリジナル担々スープで」で、「ラー油に山椒を加え担々麺らしい演出を施したうえに、とんこつにぴったりなマー油を合わせたコクと辛味の『ラー博特製黒ラー油』の調味油を別添し」たとのこと。基本はマー油の入ったとんこつスープで、それに練りゴマやラー油等の担々麺的要素が加わったスープなんですが、とても押しが弱いです。特に感じたのが塩分で、カップ麺らしからぬ薄味です。栄養成分を見ても確かに塩分が少なく健康的ではあるのでしょうが、え?なんか間違ったのか?入れてないものあるんじゃないか?と確認してしまうくらいな味でした。あと、とんこつ的要素も担々麺的要素もちょっと中途半端かなと感じました。やるならやっぱりどちらかにした方が良いように感じられる味でした。

は、「表面はなめらかで、中心は程良く粉っぽさを残した歯切れの良い『バリカタ』『極細』『ストレート』のノンフライめん」とのこと。麺はとんこつラーメンの細麺ですね。これはうまいです。しっとりとしていながら粉っぽさと芯の硬さがあり、とんこつラーメンの麺としては最強なのではないかと思います。反面、今回の弱いスープの中に入ってしまうと、ややこの麺の良さである粉っぽさとか小麦の強さがスープの邪魔になっているようにも感じられ、バランスが悪い印象です。麺の問題じゃなくてスープの問題だと思います。

は、「辛めに味付けした挽き肉とチンゲン菜、きりごま、食感の良いキクラゲ、かきたま風タマゴとチリを組み合わせた『担々麺』と『とんこつラーメン』両方に良く合う具材」とのこと。ドカンとメインの具があるわけではなく、細々した具が数種入っています。チンゲン菜と挽肉はそれなりに目立ってしましたが、他はあんまり存在を感じませんでした。

オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
麺は最強なんですけどね、この麺は麺作りが上手な日清でも対抗できないくらいのデキなんですが、スープの押しの弱さが台無しにしてしまっています。なんでこんな味になったのか最後まで頭の中が???でいっぱいになってしまいました。塩分少ないのはありがたいんですけどね。

品名:明星 究麺 新横浜ラーメン博物館 バリカタとんこつ担々麺
メーカー:明星食品
発売日:2013年9月23日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・粉末スープ・かやく・調味油)
定価:税別246円
取得価格:税込258円(ローソン)
製品URL:http://www.myojofoods.co.jp/products/product_detail.html?id=4902881422529

標準栄養成分表
1食104g(めん70g)あたり
エネルギー:464kcal
たん白質:12.8g
脂質:19.6g
炭水化物:59.2g
ナトリウム:1.9g(めん・かやく0.6g スープ1.3g)
ビタミンB1:0.22mg
ビタミンB2:0.30mg

明星食品HP:http://www.myojofoods.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加