20130807_1.jpg

どうもー、ハンサムです。最近やっと湿度が低くなってきた気がする時がちょっと増えた気がします。(ややこしい) じめじめ期間長かったなー。これから真夏っぽくギラギラと暑い日が多くなるのでしょうかねぇ。

さて、今回のカップ麺は、エースコックの「チゲの真髄 牛だしチゲラーメン」です。油揚げ麺なんだけど、230円という高価格カップ麺。真髄ですからねー。楽しみです。

20130807_2.jpg

20130807_3.jpg

スープは、「牛エキスや牛脂の旨みをたっぷり効かせ、唐辛子やごま油などを合わせた風味の良い韓国風調味料を配合した深みのある旨さと辛さがクセになる味わいの本格的なチゲスープ」だそうです。まず、思っていたほど牛推しじゃないです。が、スープにちょっと厚みというか、コクが感じられます。そして韓国調味料?とのバランスがすごくいいです。チゲっぽい感じが良く出てると思いました。辛さ的には、自分にはピリ辛でしたが、一般的には程よい辛さかな?と思います。ピリ辛が大丈夫なら食べられる範囲かと思います。

は、「滑らかさと適度な弾力があり、スープとの相性も良いフライめん」だそうです。太麺で丸麺です。油揚げ麺だからどうかなーと思いましたが、まぁ普通の油揚げ麺と言いますか…w でも油揚げ麺だからこそ(?)のカップ麺らしさという基本スタイルって感じで、これはこれでアリなのかなーとは思いました。油揚げ麺だからこそ出るのであろう濃さもありましたし。

は、「シャキシャキと食感の良いキャベツ、風味の良い豆腐、唐辛子、彩りの良いねぎ」だそうです。キャベツがけっこうたくさん入っていて好印象。豆腐もまぁまぁ入ってました。が、今スープとキャベツと麺が際立ってる感じだったのであまり存在感なかった感じでした、自分では。あと、唐辛子が大きめで入ってて、これがいい雰囲気出してたと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
だいたい高価格のカップ麺ってノンフライ麺で本格志向なのが多いと思うんですが、今回のは油揚げ麺で高価格、 カップ麺らしさがあるなかなか美味しい一杯だったと思います。自分は油揚げ麺も好きなんでこういう感想ですが、油揚げ麺が苦手な人が食べるとまた違った感想なのかも?とも思う…オサーン氏とかどういう印象を抱くのか聞いてみたいですねー。食べる機会ないだろうけどw スープが普通に美味しかったのでノンフライ麺でも食べてみたいですが、やっぱりバランス変わっちゃうんですかね? ご飯との相性はかなり良かったです。

品名:チゲの真髄 牛だしチゲラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2013年8月5日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:4袋(かやく2種・粉末スープ・液体スープ)
定価:税別230円
取得価格:税込238円(ローソン)
製品URL:http://www.acecook.co.jp/products/4901071234942.html

標準栄養成分表
1食109g(めん67g)あたり
エネルギー:437kcal
たん白質:8.7g
脂質:16.4g
炭水化物:63.7g
ナトリウム:3.0g(めん・かやく1.0g スープ2.0g)
ビタミンB1:0.30mg
ビタミンB2:0.26mg
カルシウム:229mg

エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加