どうもオサーンです。朝起きたら部屋の温度が34度でした。西窓と南窓が付いていて窓の向きだけは好物件な私の部屋ですが、夏はこれを恨みますね。北海道でも灼熱地獄が猛威を振るっています。それでも、本州から訪れた観光客の方はだいぶ涼しいと仰っていました。今年の夏は7月前半から飛ばしまくっていて全国的に猛暑日が続いているようなので、今後どんだけすごいことになっちゃうんでしょうか。

今回のカップ麺は、エースコックの「革麺 黄金鶏油の塩らぁ麺」。鳴り物入りで登場した「革麺」シリーズの第2弾商品になります。





スープは、「鶏とホタテなどの魚介の旨みをベースに、黄金色の鶏油を浮かべた、滋味深い塩スープに仕上げ」たとのこと。鶏油が前に出る、こってり感がありながら優しい味わいのスープです。特に旨味が他社の同様のスープに比べて強いわけではありませんが、麺をの質をピックアップした商品のため、あくまで麺のおいしさを強調するためにスープは控えめにしたという印象を受けました。良いスープだと思います。

は、「生地にたっぷり水を抱かせることで、茹でたて生めんのコシと風味が味わえる多加水ノンフライめんに仕上げ」たとのこと。小麦の味が強く香る麺で、味も食感もまるで生麺です。麺技術で先行する日清食品の麺に比べても負けていないどころか自然さという点では優っている思います。ただ、わざわざ「革麺」と銘打たなくても、このレベルの麺が高価格帯のノンフライ麺商品で当たり前に使われるようにならないと、日清食品には勝てないかなと思います。勝たなくても良いんでしょうけど。スープのところでも書きましたが、バランス的にスープに比しやや麺が勝っていますが、麺の風味が際立っているため、問題なくおいしかったです。

は、「味付鶏だんごと青ねぎに、後入れ白髪ねぎと唐辛子で仕上げる、彩りの良い具材」とのこと。肉団子がたくさん入っていました。また白髪ネギなど彩りも豊かで、高価格帯商品に恥じない具だったと思います。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
全体的に優しい味わいの商品で、麺のおいしさを際立たてる構成になっていました。この麺は大きな武器になりますね。生麺感覚で食感も風味も自然なのが素晴らしいです。このレベルの麺がエースコックの他のシリーズでも普通に使われるようになると大きな強みになると感じました。

品名:革麺 黄金鶏油の塩らぁ麺
メーカー:エースコック
発売日:2013年7月8日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく・後入れかやく)
定価:税別230円
取得価格:税込238円(ローソン)
製品URL:http://www.acecook.co.jp/products/4901071234935.html

標準栄養成分表
1食111g(めん65g)あたり
エネルギー:333kcal
たん白質:9.3g
脂質:9.8g
炭水化物:51.8g
ナトリウム:2.8g(めん・かやく0.6g スープ2.2g)
カルシウム:234mg

エースコックHP:http://www.acecook.co.jp/

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加