スープ・麺と具の皿が分かれてやってくる特選とろ肉らーめん(塩味) +香味玉子・ライス


スープは白濁 麺は中細縮れ麺


以前とはぜんぜん違うチャーシューの枚数と形、盛り付け

私が初めて山頭火のラーメンを食べたのはもうだいぶ前の話ですが、その時には「こんなおいしい塩ラーメンがあるのかっ!」と腰を抜かすほど驚いたことを憶えています。東京の支店で食べたので、その時は既に多店舗展開していたのですが、どんどん支店が増えている時期で、その後数回行きましたが、店によって味が違ったり、だんだん味が落ちているような気がしたりで、そのうち行かなくなってしまいました。多店舗かは、どこにいてもその店のラーメンを食べられるという利点があると共に、味にバラつきがあったりおいしくなくなったりで欠点も多いですね。日本で最も急激に支店展開した店のひとつなので、職人の育成が追いつくわけないし、味の管理が行き届くわけもありません。難しいですね。

今回、とある事情があって(あとで別記事で書きます)久しぶりに山頭火に訪れました。行ったのは「札幌南3条店」という店。すすきのに近いところにあります。そこで食べたのは「特選とろ肉らーめん(塩味)」。1000円越えする店自慢のラーメンです。初めてこの店で食べたラーメンもこれだったと思います。

~回想~

スープは臭さこそないけどクリーミーなとんこつ。私がハマった理由はこのスープでした。当時は塩ラーメンをそれほどおいしいと思ってなかったので、このスープの上品な甘さのような濃厚さのようなほかとは明らかに違うスープに感激したものでした。今では「塩とんこつ」として広く認知されていますが、当時はそんな味はなかったですからね。

麺は札幌ラーメンで慣れているとずいぶん細く感じる中細の縮れ麺で、かんすいが少なくて中身がギッシリ詰まっている感じです。この麺も大好きで、それほど強い塩気のないスープをよく拾う細さの麺なので、とてもバランスが良かったです。

あとはなんと言ってもものすごくやわらかいチャーシュー。高いお金を払っても価値のあるボリュームと、スープのまろやかさに同化するまろやかさで、スープ・麺・チャーシューが三位一体となっていたことをよく憶えています。

~回想終わり~

では今回はどうだったか。そこには残念ながら1000円を超える価値があるとは到底思えない変わり果てた姿がありました。

上の3枚目の写真は別皿でくる具なのですが、これが以前より明らかに貧相なのです。以前はチャーシューが7~8枚あって、形が整っていた上にもっと厚みがあったのですが、今回は切れっ端のような形の上に枚数が少なくしかも薄っぺら。そして、後で麺の上にのせてしまうものとはいえ、これが気持ちのこもった盛り付けに見えますか?決して店内が混んでたわけではないですし、閉店間際に行ったわけでもないんです。他の方が書かれたブログなどを見てみると、このラーメンの具は、店によって?作る人によって?ずいぶんとバラツキがあるようです。私はハズレを引いたというところなんでしょう。

味は、以前のような感激はないもののそれなりにおいしいラーメンではありました。クセのない無難な味とでも言うのでしょうか。今回初めてこのラーメンを食べるんだったらそれなりに満足できたのかもしれません。でも以前のこのラーメンを知っている身としては、今回のこの姿にはガッカリでした。私にはこれが多店舗化の弊害以外の何ものにも映りませんでした。

あと、一緒に頼んだ「香味玉子」なんですが、中の黄身に完全に火が通ってしまっていました。どうやら半熟がデフォルトのようですが、このあたりの加減は店毎に任されているのでしょうかね?ハッキリ言ってこの玉子は不味かったです。他の方のブログを見てると概ね好評なんだけどなぁ。

オススメ度(標準は3です)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
スープと麺はおいしいのでこれ以上評価は落とせないが、以前とは違うチャーシューや具の盛り付けに、この店の秋を感じざるを得なかった。とても1000円以上するラーメンとは思えない。

スポンサーリンク

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加